家族全員でできる、子供と一緒にたのしめる運動のコツ8つ

2017/3/14

三上 貴浩 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 医学博士

三上 貴浩 先生

健康な身体をつくるため、大人にも子供にも運動は必要です。ですが、子供にとって運動は、成長にも大事な要素になります。この記事では、子供と一緒に家族全員で取り組むことができる、運動を楽しむためのコツを8つ提案しています。

子供にとっての運動とは?

子供にとって運動とは、骨を丈夫にし、健康な体重維持のためにも役立ちますが、何よりも、子供にとって運動は楽しいものです。

子供は少なくとも1日あたり1時間の運動をするのが理想的な生活です。子供が元気に運動しているのを手伝ってあげたり、家族で一緒に運動したりすることで、子供が運動するのを促すことができます。公園で走りまわったり、運動場でボール遊びなどをするのが好きな子供は多いです。

子供に運動が必要な理由は?

幼児期の子供にとって、運動することが重要な理由の1つに、子供が健康な体重を維持するのに役立つから、ということがあります。

でも、運動が必要な理由はそれだけではありません。運動は、子供が社会や自分自身を知る方法のひとつです。健康な筋肉や骨を作るのに役立つだけでなく、自信を向上させることもできます。

運動を子供と一緒に楽しむためのコツ

では、子供と一緒取り組むことのできる、運動を楽しむための8つのコツをあげていきます。

1.歩く

できるだけ頻繁に、学校や買い物の行き帰りなどで、子供と一緒に歩きましょう。

2.外で遊ぶ

休みの日に山や川原に行って、隠れ家を建てたり、木登りをさせましょう(親がしっかりと監督する)。

3.ローラースケートなどで遊ぶ

屋内または屋外でローラースケート、ローラーブレードまたはスケートボードをします(冬は、アイススケートに行く)子供はキックスクーターも好きです 。

4.マラソン・ウォーキング

アマチュアマラソンやチャリティウォークなどに一緒に挑戦してみましょう。

5.犬の散歩に行く

犬がいない場合は、近所の人や友人の犬の散歩に一緒に行ってみましょう。

6.スポーツをはじめる

スポーツ、クラブ、または子供が興味のあるスポーツをはじめてみましょう。スポーツ少年団などのチームに参加すれば、規律を学んだり、定期的な運動ができます。

7.週末に親子で運動する

週末、子供たちと運動する時間を作ってください。公園でフリスビーやサッカーをしたり、トランポリンに行ったり、ボルダリングをしたりしてみましょう。

8.海にいく

休日にビーチで過ごしてみましょう。ビーチに着くと、子供はゲームや水泳、あるいは走り回るといった運動ができることに気づきます。または、休日を運動する日にしてみてください。

おわりに:子供と一緒に楽しんで運動する

子供が運動をするのに大切なのは、楽しくすることです。楽しく運動していくことで、子供の身体づくりにも役に立つので、一石二兆ですね。

これまで紹介したものを参考にして、子供も大人も楽しくできるように工夫しながら、一緒に運動をしていきましょう。

この記事に含まれるキーワード

子供(199) 骨(13) 運動(175) 筋肉(16) 親子(2) 成長(7)