人生の浮き沈みをコントロール!幸せに生きる方法

2017/1/23

三上 貴浩 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 医学博士

三上 貴浩 先生

ちょっとしたことでイライラしたり、
うれしいことがあったかと思えば、すぐにがっかりしたり・・・
そんな人生の浮き沈みで、疲れていませんか?

ハッピーな毎日を送りたいのなら、
感情をうまくコントロールすることが大切!
下記の6つの方法を実践して、「幸せ」な人生にしていきましょう。

1.ストレスを管理する

生活に多くのストレスがあると、幸せを感じにくくなります。
下記のストレスを減らす方法を試してみましょう。

・時間を管理するスキルを身につける
・勤務時間の変更について上司に話す
・自分の時間をつくる

時間をうまくコントロールすることで、ストレスを効果的に軽減でき、毎日の中で幸せを実感できるようになります。

ストレスに伴う不安感がある場合は、呼吸法が役立ちます。
また、定期的に運動するのもいいでしょう。

2.何事もユーモアを忘れない

どんな状況でも、面白い面を見てみるようにすると状況によく対処することができます。
ユーモアがあると、心配事があってもあまり引きずらないようになります。
自分が楽しいことをすると、精神的に安定しやすくなります。友人と一緒にスポーツを観たり、お風呂に入ったり、友達とお茶をするなど、シンプルな活動はすべてあなたを幸せな気持ちにします。

また、料理やダンスなど自分の趣味や得意な活動をすることも、楽しみながら達成感を得る良い方法です。
ただ、大量の飲酒やジャンクフードの摂取は一時の幸せに過ぎません。後で気分を悪くするのでやめましょう。

3.自尊心を高める

自尊心を高めることも、幸せへの近道です。自尊心を向上させるには、大切な友人を扱うように自分自身を扱うことがコツです。
たとえば、「馬鹿だから採用面接に落ちたんだ」などと自分を卑下するときには、「自分の一番の親友に同じことを言うだろうか?」と考えてみてください。おそらくそう言わないでしょう。
代わりに、「あなたは優秀な人です。次は採用されます」など、自分にポジティブなことを言ってあげてください。

4.健康的な生活習慣にする

普段の食生活や運動、睡眠時間は幸せに大きく関わっています。
それぞれ、下記のポイントに注意してみてください。

飲酒量を制限する

お酒は辛さや悲しみを麻痺させてくれるので、ついつい飲みすぎてしまう人も多いことでしょう。しかし、アルコールは感情を誇張し、あなたを怒らせたり、攻撃的にしたりする恐れがあります。また、もっと落ち込みやすく作用することもあります。
幸せから遠ざかってしまうので、飲酒量は制限しましょう。

バランスのいい食事をとる

健康的な食生活で、メンタルを強くすることができます。
まず、「食生活を自分のために心がけている」と自覚できると自尊心の向上に役立ちますし、またバランスのいい食事は脳と身体が効率的に働くのを助けます。
すべての主な食品群を含むバランスのとれた食事を目指してください。

定期的な運動をする

適度な運動は、気分を持ち上げてくれる脳内の化学物質を放出します。よりよく眠れるようにし、より多くのエネルギーを与え、心を健康に保つのを助けてくれます。
運動する場合は、楽しめるものを選んでください。友達と一緒に、または音楽を聴きながらやるのもいいでしょう。成人の場合、週に150分の運動が望ましいです。

十分な睡眠をとる

心身ともにしっかり休まるためには、成人の場合、平均約7〜8時間の睡眠が必要です。
考え事があってなかなか眠れない場合は、寝る前に翌日のTo Doリストを書いて思考を整理しましょう。気持ちがすっきりします。

5.コミュニケーションをとる

友人、家族、カウンセラーなどとコミュニケーションをとることも、幸せな人生のために必要です。
会話は緊張の解放に役立ち、密な人間関係が築けるようになります。 事実、多くの人が、悩みがある場合はカウンセラーなどと話をするのが効果的だと感じています。

6.辛いことを幸せに変える

このスキルは、人生の浮き沈みに対処するために重要です。なにか辛いことがあっても、そこに価値を見出し何かの活動に代えてみると、逆に幸せなできごとに変えられる場合があります。
たとえば、誰かを助けるためのサポートグループを始めたり、執筆、絵画、歌などで悪い経験からクリエイティブなものを創り出すことは、苦痛を表現したり、困難な時期を乗り越える際におすすめです。

おわりに

幸せな人生と思えるかどうかは、物事のとらえ方や毎日の過ごし方によって大きく変わってきます。今回は6つの方法をご紹介しましたが、いきなりすべてを実践するのは難しいので、少しずつ意識して自分の習慣を変えていきましょう。毎日の積み重ねで、あるときふっと幸せな変化を実感できるかもしれません。

この記事に含まれるキーワード

ストレス(363) 習慣(5) 幸せ(2) ウェルビーイング(4) 人生(1)