貧血ってなんでなるの? ~ 原因と症状について

2017/6/21

三上 貴浩 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 医学博士

三上 貴浩 先生

貧血の症状にはどんなものがあるのでしょうか? また、原因は何でしょうか?
もし、あなたが長時間立っているとめまいがしたり、ふだん疲れを感じていたりするようでしたら、貧血かもしれません。
この記事では、貧血の原因や症状についてまとめました。

貧血とは

全ての貧血で最も多く見られる症状は疲労です。疲労は、酸素を運ぶ役割を持つ赤血球が不足することで起こります。

また、赤血球に含まれるヘモグロビンが通常よりも少なくなっている場合も、疲労が起こる場合があります。ヘモグロビンは赤血球の内部にあるタンパク質で、鉄分を多く含んでいます。ヘモグロビンは赤血球が肺から全身へ酸素を運ぶのを助けています。

ヘモグロビンを含んでいる赤血球が体内で不足している場合は、体内により多く血液を送るために、心臓はさらに激しく動くくようになります。これによって不整脈と呼ばれる不規則な鼓動、心雑音、拡張型心筋症、さらには心臓麻痺が起こる可能性があります。

貧血に共通する症状とは?

貧血の症状は、貧血の種類、根本的な原因、重症度、健康問題(大出血、潰瘍、月経の問題、癌など)によって異なります。

初期の貧血であれば、体に備わった自然治癒力で治る場合があります。

また、貧血が軽度のものであり、長い時間をかけて根付いたものであれば、自覚症状を感じないかもしれません。

貧血に共通して見られる症状としては以下のようなものがあります。
・疲れやすい、活力を失いやすい
・心拍数が異常に速い(特に運動しているとき)
・息切れと頭痛(特に運動しているとき)
・集中することが困難になる
・めまい
・皮膚が青白くなる
・脚のけいれん
・不眠症

その他の症状は特定の種類の貧血と関係があるものです。

貧血の種類による症状の違いとは?

ここからは、貧血の種類ごとに分けて症状をお伝えします。

貧血の種類による症状① 鉄欠乏症によって起こる貧血

疲労は、酸素を体内の各所に運ぶ赤血球が少なくなると起こります。また、疲労した状態では、赤血球に含まれるヘモグロビンの量も通常よりも少なくなっています。

鉄は、ヘモグロビンに含まれている物質で、鉄の量が少なくなると、ヘモグロビンの量も当然少なくなってしまいます。その結果、貧血の症状を起こすといわれています。

鉄欠乏性貧血は、疲労以外に、息切れ、めまい、頭痛、手足の冷え、皮膚が青白くなる、胸の痛みなども引き起こします。

そのほかにも、スプーン爪、舌の腫れや痛み、口の端が切れる、脾腫、感染症の頻発などがみられます。

心臓への負担

ヘモグロビン(鉄分)を含んでいる赤血球が体内で不足している場合、心臓はさらに激しく動かなければいけないため、心臓にかかる負担が大きくなります。負担が大きくなると、心臓が激しく動くので、不整脈や拡張型心筋症、心臓麻痺のリスクが高まります。

異食症

土、ペンキ、でんぷんなど、食品でないものを異常に食べたいと思うこともあるかもしれません。この症状は異食症と呼ばれます。

レストレスレッグス症候群(RLS)

鉄欠乏性貧血のある人の中には、レストレスレッグス症候群(RLS)になる人もいます。

RLSは脚を動かしたいという強い欲求を引き起こす病気です。この脚を動かしたいという欲求は、脚の奇妙で不快な感覚と共に起こることが多いです。RLSがある人は、睡眠障害を起こすこともあります。

ほかの病気のサインの可能性

鉄欠乏性貧血のサインや症状の中には、病気の原因と関連しているものもあります。例えば、便に鮮血が混じっていることや、便がタールのように黒くなっている場合、腸内出血が起こっているサインになります。

女性で月経出血量が非常に多い、生理の期間が長い、あるいはその他の腟出血などがある場合、鉄欠乏性貧血の可能性があります。

貧血の種類による症状② ビタミンB12欠乏症によって起こる貧血

ビタミンB12の欠乏によって起こる貧血の人は以下のような症状が出るでしょう。
・手や足がしびれ、ぴりぴりするような痛みを覚える
・触覚を感じなくなる
・足取りがおぼつかず、歩くのが困難になる
・腕や脚がぎこちなく、かたくなる
・認知症の状態

貧血の種類による症状③ 慢性鉛中毒によって起こる貧血

慢性鉛中毒によって起こる貧血には以下のような症状があります。
・測鉛線と呼ばれる濃い藍色の線が歯茎に現れる
・腹部の痛み
・便秘
・嘔吐

貧血の種類による症状④ 慢性赤血球崩壊によって起こる貧血

慢性赤血球崩壊によって起こる貧血には以下のような症状があります。
・黄疸(皮膚や目が黄色くなる)
・褐色尿、赤色尿
・下肢潰瘍
・子供の成長障害
・胆石の症状

貧血の種類による症状⑤ 鎌状赤血球症

鎌状赤血球症によって起こる貧血には以下のような症状があります。
・疲労
・感染症にかかりやすくなる
・子供の発達や成長障害
・重度の痛み(特に関節、腹部、手足)

貧血の種類による症状⑥ 急性の赤血球崩壊によって起こる貧血

急性の赤血球崩壊によって起こる貧血には以下のような症状があります。
・腹部の痛み
・褐色尿、赤色尿
・黄疸
・皮膚の下の軽い打撲傷
・発作
・腎不全の症状

医師の診察を受ける時期は?

貧血に対するリスク要因がある場合や、以下のようなものを含む何らかの貧血のサインや症状に気づいた場合には、医師に相談しましょう。

・偏った食事をしている、あるいはビタミンやミネラルの食事摂取量が十分でない
・潰瘍、胃炎、痔核、血の混じったあるいはタールのような便、結腸直腸ガンの症状
・環境的に鉛に接するおそれがある
・家系の中で遺伝している貧血があり、子供を作る前に遺伝カウンセリングをしたい

妊娠を考えている女性は、妊娠する前から、貧血予防にサプリメント(特に葉酸塩)の服用を始めるよう医師にすすめられる可能性があります。サプリメントは母親にも赤ちゃんにも役に立つものです。

おわりに:貧血は侮れない! 症状が出たら医師の診察を

今まで見てきたような貧血の症状に心当たりがあるのであれば、病院を受診しましょう。原因を特定してもらい、それに合わせた高い効果が期待できる治療を受けるようにしてください。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

貧血(82) 感染症(49) 疲労(18) 症状(559) レストレスレッグス症候群(RLS)(1)