その症状は危険かも! めまいの症状いろいろ

2017/7/18

三上 貴浩 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 医学博士

三上 貴浩 先生

めまいは、平衡感覚がなくなるり、自分がグルグル回っている、もしくは自分の周りの世界が回っているように感じます。もしくは、揺れるような、ふらつくような感覚になる場合もあります。この記事では、めまいが起こる原因一般的な症状について解説します。

めまいの原因


めまいの原因は、疲れやストレスが元となり、そこからくる体の不調や心の不調が身体症状として内耳に問題を引き起こすことで表れますが、その他にも原因は様々あります。ただし、これらは複合的に絡み合うことが多く、「不安感」など、心の問題が先にくることもあります。

以下は、内耳の異変に関連した一般的なめまいの症状となります。

良性発作性頭位めまい(BPPV)

良性発作性頭位めまいは、耳石が本来の位置から外れてしまうことで起こると考えられています。耳石がある内耳は、重力に対する頭と体の動きについての信号を脳に送ることで、体の平衡感覚を保つ役割を果たしています。

メニエール病

耳の中に水が溜まることや圧力の変化によって起こると考えられている、内耳疾患です。耳鳴りや難聴とともにめまいが繰り返されることもあります。

前庭神経炎もしくは内耳炎

これは、通常はウイルス感染に関連した内耳の疾患です。感染症は、体が平衡を感じるために重要な内耳の周辺神経の炎症の原因となります。

また、頻度は少ないですが、以下のような症状とめまいが関連していることがあります。

・頭や首の怪我
・脳卒中や腫瘍などの頭の問題
・耳を損傷する原因となる特定の薬剤
・片頭痛

めまいの一般的な症状


めまいを起こす人は、以下のように感じることが多いようです。

・体がじっとしている時でも動いている(回転している)ような感じがする
・頭がクラクラしたり、倒れそうになる
・片足立ちできない、自分が転んでしまいそうな感じがする、周囲が傾斜しているなどの、平衡感覚障害がある
・不安感やパニック感がある

また、めまいに伴って起こる症状には以下のようなものがあります。

・吐き気
・嘔吐
・眼振
・頭痛
・発汗
・耳鳴りや難聴

 

おわりに:めまいになったときは早めに病院へ

めまいには、大きな病気が潜んでいることがあります。上記でご紹介した、「医師の診察を受けたほうがよい症状」を参考にして、当てはまる症状がある場合は早めに手を打ちましょう。当てはまる症状がない場合でも、少しでも不安に感じるようであれば自己判断せず病院を受診することをおすすめします。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

症状(559) めまい(90) 良性発作性めまい(1)