ローヤルゼリー

2017/9/15

三上 貴浩 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 医学博士

三上 貴浩 先生

ローヤルゼリーとは、花粉に似た成分でできた栄養満点のゼリーであり、働き蜂が生み出したものです。長生きにつながるかどうか、および、テストステロンへの影響を調査しているところです。

概要

ローヤルゼリーは、働き蜂によって作られた栄養価の高いゼリーです。蜂が生まれてから最初の3日間、成長を促進するために働き蜂の幼虫および雄蜂にローヤルゼリーが与えられます。ほかの蜂よりも長い期間ローヤルゼリーを食べて育った幼虫が女王蜂になります。実際、女王蜂は一生の間、もっぱらローヤルゼリーを食べています。

ローヤルゼリーは食べものです。ローヤルゼリーにはタンパク質、炭水化物、および、脂肪酸が含まれているため、カロリーもあります。

ローヤルゼリーを摂取すると長生きするといわれています。この主張は完全に検証されたわけではありませんが、トリグリセリドとリポプロテインの量を減少させることで心臓を守っています。

ローヤルゼリーを摂取することで精巣でのテストステロンの合成を促進できます。動物実験では、閉経後の動物でもエストロゲンを増加させることができるということが分かりました。ローヤルゼリーは若い時期におけるエストロゲンの効果を抑える効果もあるかもしれません。こうしたホルモンへの影響は確実ではありませんし、予測するには難しいことです。

摂取方法

ローヤルゼリーの最良の用量を断定するにはもっと研究が必要です。研究者は50ミリグラムから300ミリグラム使った段階でローヤルゼリーの効果を確認しました。毎日6グラムずつ摂取するという方法でも効果があるということが明らかになっています。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

たんぱく質(24) 炭水化物(32) 脂肪酸(3) ローヤルゼリー(3)