タンジン

2017/9/26

三上 貴浩 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 医学博士

三上 貴浩 先生

タンジンは、循環器系や心臓の健康のために使用される漢方薬です。多少の効果はあるようで、心臓の健康のための漢方薬では最も売れているものの一つです。

概要


タンジンは東洋の伝統的な生薬で、循環器疾患の治療に用いられています。様々な心疾患の治療に効果的であることが示されており、一般的には、とても心臓によい植物として認識されています。

タンジンは少数の主成分を通してその効果を発揮します。それらが相乗的に働くことにより、心臓の健康を損なう様々な要因に作用します。

中国の薬草の市場において最も需要の高いもがこのタンジンです。一般的に舌下錠(舌下で吸収する)もしくは経口錠剤として販売されています。どちらも効果はありますが、舌下錠のほうがより多くの有効成分をもたらすようです。

基礎知識

混同注意

サルビア・ディビノラム(ドラッグ)、ヒカゲツルニンジン

注意事項

・抗凝血作用が他の抗凝血剤との併用で悪い副作用を引き起こすことがあります。
・幻覚剤ではありません。幻覚作用があるのはサルビア・ディビノラムです。

摂取方法


舌下薬が最も一般的で、30錠を1日3回に分けて(1回10錠)舌下からもしくは経口で使用します。

錠剤は1日3回、1回3錠ずつ服用します。

タンジンの一般的な治療量は6.56mg/kgです。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

漢方薬(74) タンジン(1) 舌下錠(2)