めまいが起こるメカニズムとは?危険な病気が原因のこともあるの?

2017/10/18 記事改定日: 2019/3/28
記事改定回数:1回

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

「めまいはストレスのせいで起きる」なんて話もありますが、病気が原因で起きることも決して少なくありません。なかには命に危険がおよぶ病気が隠れていることも・・・。
この記事では、めまいが起きるメカニズムとどんなめまいが危険なのかについて説明していきます。

めまいとはどんな症状のこと?

めまいとは、自分自身が回っているように感じたり、周りの景色がぐるぐると回転して見えたり、ふわふわと宙に浮いたように感じたりする症状のことです。

こういった症状に応じて、めまいにはいくつかの種類に分けられます。自分自身あるいは景色が回って見える「回転性めまい」、足が地面から浮いているように感じる「浮動性めまい」、地面が揺れているように感じる「動揺性めまい」などです。ほかにも目の前が真っ暗に見えたり、立ち上がったときにふらついたりするめまいもあります。

なお、めまいによっては、激しい頭痛や痙攣、吐き気や耳鳴り、物が二重に見える、手足に力が入りにくいといった症状を伴う場合があります。症状によっては、特定の病気が疑われる可能性があるので注意が必要です。

めまいが起きる原因とメカニズム

めまいの種類によって考えられるめまいが起きるメカニズムは多少異なりますが、基本的には三半規管、耳石器、前庭神経などの身体のバランス感覚を司る器官が障害されたときにめまいは起こります。

とくに回転性めまいは、加齢や外傷などが原因で耳石(カルシウムの粒)が耳石器から剥がれ、三半規管に入り込んでしまうことで引き起こされると考えられています。
なお、浮動性めまいや動揺性めまいに関しては、ストレスや自律神経の乱れによっても引き起こされるケースも少なくありません。

また、特に高齢者の場合は加齢による神経系の衰えや、起立性低血圧からめまいを生じることもあります。ほかにも、イヤホンやヘッドホンで大音量の音楽を聴き続けたことや、特定の薬の影響によっても引き起こされることがありますが、特に注意が必要なのが、病気によってめまいが起きているケースです。詳しくは以下で解説していきます。

めまいを起こす病気とは

以下の病気や病変によっても、めまいが起きることがあります。

メニエール病
難聴や耳鳴りなどの耳症状とともに、強い回転性めまいが起こります。40歳以降の方にみられることが多く、内耳のリンパ液が過剰に増えることで発生すると考えられています。
前庭神経炎
風邪のような症状が起きた1~2週間後、吐き気を伴う回転性のめまいが起こります。風邪によるアレルギー反応によって引き起こされると考えられています。
突発性難聴
強い耳鳴りや難聴とともに、回転性めまいが起こります。耳の症状は片耳のみに現れる場合が多いです。ストレスが原因で引き起こされることがあります。
聴神経腫瘍
聴神経に腫瘍ができ、徐々に難聴に進行していく病気です。軽度のめまいが現れます。良性腫瘍なので転移の心配はありませんが、重症化する前に早期手術を行う必要があります。

すぐに病院へ行った方がいい「危険なめまい」の特徴は?

以下の症状を伴うめまいは、危険な病気が潜んでいる可能性があります。当てはまる項目がある場合は、早急に病院を受診しましょう。

  • 吐き気や嘔吐
  • 強い頭痛
  • 手足のしびれや脱力
  • 上手く話せない、言葉が出てこない
  • 顔が上手く動かせない
  • 聴力の低下
  • 耳鳴り
  • 意識消失があった

おわりに:手足のしびれなどを伴うめまいには要注意!

三半規管などの障害やストレス、低血圧など、めまいを引き起こす原因にはさまざまなものがあります。ただ、重大な病気によってめまいが引き起こされるケースも存在します。めまいとともに手足のしびれや激しい嘔吐といった症状がみられたら、すぐに病院で検査を受けましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

原因(609) 種類(66) 症状(559) めまい(90) 病気(71)