自分で食欲不振を改善できる?食べ物や薬で治すことはできるの?

2017/10/31 記事改定日: 2018/12/4
記事改定回数:1回

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

食欲不振は長く続くと、倦怠感や頭痛、栄養失調などを引き起こすこともあります。健康を保つためには、適度な量をしっかり食べれることが重要です。
この記事では食欲不振の改善方法と予防方法について解説しています。

なんで食欲不振になってしまうの?

食欲不振とは、「食べたいと思わない」「食べたいのに、食べられない」という症状のことです。食欲不振によって、倦怠感、頭痛、吐き気などの症状が引き起こされることもあります。
さらに、食欲不振が長期間にわたり本来必要な栄養素を摂取することができないと、栄養素の不足が原因となって、骨がもろくなる等のさらなる症状が引き起こされることもあります。

食欲不振の原因は多岐にわたりますが、ここでは主なものを紹介します。

ストレス
仕事のプレッシャーなどによる精神的なストレスや、過労などの身体的なストレスがかかると、交感神経が過剰に刺激されて食欲が起こりにくくなります。
不規則な生活習慣
運動不足や睡眠不足などは自律神経のバランスを崩し、食欲不振の原因となります。またアルコールの過剰摂取も肝機能・食欲の低下を招くため、注意が必要です。
病気によるもの
胃潰瘍・十二指腸潰瘍、胃癌、風邪・インフルエンザなどの感染症、うつ病などの病気により、食欲不振の症状があらわれることがあります。この場合は病気の治療をすることで改善を目指します。

上記の他にも、夏バテや加齢、薬(痛み止めや抗生物質、抗がん剤など)の副作用も原因となることがあります。

食欲不振を改善するにはどうすればいい?おすすめの食べ物や薬はある?

食欲不振を改善するためには、まず原因となる病気がある場合には、その治療を行います。病院での診察の際は、問診に加えて血液検査、超音波検査、レントゲン検査、胃カメラなどの検査が必要に応じて行われます。

ストレスや不規則な生活習慣など病気以外が原因であると考えられる場合には、まずは消化の良い食べ物を少しずつ食べることから始めましょう。大豆やトマトなど、体の疲労回復に効果的な食べ物もを摂取するのもおすすめです。

またストレスや不規則な生活が原因で便秘になってしまうことで食欲不振になることもあります。玄米、キノコ類など食物繊維が豊富に含まれる食べ物を食べて腸の活動を促しましょう。腸が活発に動くことで副交感神経が働きやすくなるためリラックスにもつながります。

食べ過ぎや飲み過ぎなどにより一時的に食欲がない場合には、市販の胃腸薬を服用する方法もあります。その場合は、食欲増進効果が含まれている胃腸薬を選びましょう。

食欲不振のときにおすすめのレシピはある?

食欲がないときでも、体力を維持するためにしっかりと食事を摂って必要な栄養やエネルギーを補う必要があります。
ここでは、食欲不振のときにおすすめのレシピを3つご紹介します。

生姜煮込みうどん

柔らかく煮込んだうどんは消化もよく、食欲不振の時におすすめのメニューです。また、生姜には体を温める作用があるため、消化管の血行を改善して消化運動を促す効果が期待できます。

昆布や鰹節で取った出汁にしょう油、みりん、酒などでお好みに味付けした汁を作ります。よく沸騰させたら、刻んだ生姜や鳥ひき肉、豆腐、お好みの野菜を投入して柔らかくなるまでよく煮込み、最後にうどんを投入して味が染み込むまで煮込めば完成です。

野菜スープ

固形物を受け付けないときは、細かく刻んだ野菜を柔らかく煮込んだスープがおすすめです。

キャベツ・人参・セロリなどお好みの野菜とベーコンやソーセージなどをできるだけ細かく刻んで水を沸騰させた鍋に投入して十分な時間煮込みます。
具材が柔らかくなったら、コンソメやしょう油でお好みに味付けして完成です。

トマトの冷やしおでん

胸焼けや胃もたれなどが原因の食欲不振には、冷たくさっぱりしたメニューがおすすめです。しかし、アイスや冷たい飲み物などだけでは十分栄養を摂ることができませんので、冷やしおでんを取り入れてみましょう。
トマトは熱湯をかけて湯剥きします。おでんの出汁にトマトを丸ごと入れて十分に煮込んで味を染み込ませ、冷蔵庫で冷やせば完成です。オクラなどの野菜をプラスするのもおすすめですよ。

食欲不振の予防のためのセルフケア

食欲不振に陥らないようにするには、原因となるものを日常生活の中でできるだけ予防していくことが大切です。
以下の点を意識しながら、規則正しい生活を送るように心がけてみてください。

  • 起床時間、就寝時間を決め、しっかりと睡眠をとる
  • ストレスをうまく発散する方法を見つけ、溜め込まない
  • 定期的に運動を行い、自然に食欲を増進する
  • 週に2日程度、休肝日を設ける

おわりに:セルフケアでも治らないときは早めに病院へ

食欲不振には、予防と早めの対処が肝心です。長引く場合やセルフケアでの解消が難しい場合には内科や胃腸科、消化器科を受診してください。
内科等で原因が特定できなかった場合、ストレスが原因となっていると思われる場合には、心療内科の受診も検討してみましょう。

※抗菌薬のうち、細菌や真菌などの生物から作られるものを「抗生物質」といいます。 抗菌薬には純粋に化学的に作られるものも含まれていますが、一般的には抗菌薬と抗生物質はほぼ同義として使用されることが多いため、この記事では抗生物質と表記を統一しています。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

ストレス(364) 生活習慣(52) 食欲不振(27)