感染性心内膜炎の原因とは!?どんな人がかかりやすいの?!

2017/11/29 記事改定日: 2018/12/6
記事改定回数:1回

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

感染性心内膜炎は、細菌が心内膜に感染することで発症します。感染性心内膜炎は何が原因で、どんな人がなりやすいのでしょうか。
発症のメカニズムも含めて詳しく解説していきます。

感染性心内膜炎発症のメカニズムとは?

感染性心内膜炎は、血液中で細菌感染し心内膜に菌の塊ができる病気であり、血流に入った細菌が心臓弁に到達し付着することで感染します。

心臓の病気の人や口腔衛生に問題のある人、心臓弁膜症のある人に感染しやすいとされ、目立った初期症状は発熱しかなく、自覚症状がほとんどないということが特徴です。

進行すると心不全や呼吸困難などの重篤な症状に発展します。発症頻度は高くないですが、適切な治療をしなければ回復することはなく、命に危険が及びます。

細菌に感染してしまう原因

心臓弁に損傷がある場合、細菌が付着しやすく、感染しやすい傾向にあります。細菌は血流に乗って心臓の弁に到達します。

心臓の弁は拍動に合わせて1分間におよそ60回の開閉をしており、1日に換算して8万回以上も弁が開閉していることになります。心臓の弁がこのように激しく動くことでなんらかの損傷を負ったり、心膜にできている小さなキズに細菌が付着して巣をつくってしまうと、感染性心内膜炎を発症します。

細菌に感染するとすぐに高熱などの急性症状が現れる場合もありますが、数週間から数ヶ月にわたって弁を破壊し、微熱程度の自覚症状しか現れないケースもあります。

感染性心内膜炎の発症頻度は100万人に10〜50人程度とされていますが、特徴的な症状がないため診断がしづらく、重篤な合併症を起こすこともあるため早期の検査が重要です。

原因菌

感染性心内膜炎は、発症原因によって原因菌に違いがみられます。
心臓の弁に異常がない人が発症する場合は、約30%で黄色ブドウ球菌が原因となります。黄色ブドウ球菌は病原性が非常に高いため、正常な心臓弁にダメージを与えることがあり、黄色ブドウ球菌が原因となる感染性心内膜炎は、急性の経過をたどりやすいのが特徴です。
一方、心臓弁膜症などの基礎疾患がある人は亜急性の経過をたどることが多く、原因菌としては緑色連鎖球菌や腸球菌などが挙げられます。

感染性心内膜炎にかかりやすい人って、どんな人?

心室中隔欠損症や動脈管開存症など、先天的に心臓に異常がある人はとくに注意が必要です。ほかに、心臓弁膜症がある人も感染しやすいとされています。

さらに、人工弁置換手術を受けた人は、心臓弁や心内膜に傷がつきやすく、発症しやすい傾向にあるとされ、自然弁の人に比べて治療の効果も出にくく、通常行う抗生物質の静脈内投与で回復が見られないときには心臓手術が必要になることもあります。

ほかにも、高齢者や透析患者などの感染例も多く、免疫を抑える薬を内服している人や、普段から低栄養気味の人、悪性新生物(悪性腫瘍)などの消耗性の病気を持っている人も注意が必要です。

また、心臓などに持病がなく健康的とされている人でも、虫歯菌が血流に乗って心臓に到達してしまうケースも報告されています。
何かしらの経路をたどって血液中に細菌が入ってしまえば、感染性心内膜炎を発症する可能性があるということを理解しておきましょう。

感染性心内膜炎は予防できる?

感染性心内膜炎は、心疾患や糖尿病などの基礎疾患がある人や、高齢者や透析患者など免疫力が低下しがちな人に多く発症します。しかし、中にはこれまで健康であったものの虫歯や歯周病、皮膚の病気が悪化して急激に発症するケースも少なくありません。

感染性心内膜炎を予防するには、発症リスクの高い人は、口腔内や皮膚を清潔に保つように心がけ、何らかの不調を感じた場合はなるべく早めに病院を受診することが大切です。また、健康な人でも、虫歯や歯周病を放置するのは大変危険ですので、定期的に検査を受け、口腔内のクリーニングを行うことをおすすめします。

おわりに:感染性心内膜炎になりやすい人じゃなくても、発症する可能性はある!

心臓の病気を抱えている人や悪性腫瘍がある人、透析治療を受けている人など、感染性心内膜炎になりやすいといわれている人は特に注意が必要ですが、血液に細菌が侵入してしまえば、どんな人であっても発症する可能性はあります。
急な高熱など、はっきりとした異常があるときはもちろん、微熱が長い期間続いたときなども、念のため病院で検査を受けるようにしましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

虫歯(41) 糖尿病(271) 感染性心内膜炎(4) 人工透析(13) 心臓弁膜症(14) 悪性腫瘍(19) 肺血病(1)