誤嚥性肺炎は口腔ケアで予防できる?正しいやり方とは!?

2017/12/12 記事改定日: 2018/10/10
記事改定回数:1回

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

誤嚥性肺炎とは、本来気管に入るはずがない唾液や食べ物が気管に入ってしまうことで発症する肺炎です。誤嚥性肺炎の予防には口腔ケアが大切とされていますが、これはいったいなぜでしょうか。
症状や原因、治療法などとあわせて、正しいやり方を解説していきます。

誤嚥性肺炎とは?

誤嚥性肺炎とは本来は食道に入っていくはずの食べ物や唾液が間違って気管に入ることで、口の中の細菌や食物についている細菌が気管や気管支、肺に入ってしまい炎症を起こす病気です。
また、一度胃の中に入った食物が逆流して食道に戻ってきてしまい、それが気管に入ることで誤嚥性肺炎を起こすこともあります。これは胃の内容物には、食物のほかにも胃酸などの消化液が含まれているため、気管が傷つき炎症を起こすからです。

そして、高齢者になると咳反射が低下します。すると気管に異物が入ってもむせることがなくなってしまうため、気付かないうちに気管に食物や唾液が入ってしまい発症のリスクも増えるのです。

それ以外にも、全身の栄養状態が悪かったり、免疫機能が低下している時には発症しやすくなります。脳梗塞の後遺症があったり、パーキンソン病を持っていたりする人、寝たきりの人もなりやすいといわれています。

口腔内のチェック方法

誤嚥性肺炎を予防するには、口腔内の衛生状態を良好に維持することが大切です。そのためには毎日の口腔内チェックが必要となります。以下のチェック項目を確認しながら、口腔内の衛生に努めましょう。

  • 食べ残しがない
  • 歯茎や歯の間に汚れがない
  • 赤くなったり、腫れている歯茎がない
  • 口の中に出血を生じていない
  • 舌苔が少ない
  • 歯と歯茎の境目に歯垢が溜まっていない

また、固くなった歯石は口腔ケアだけで取り除くことはできませんので、半年に一度は歯科医院で歯のクリーニングをするとよいでしょう。

誤嚥性肺炎は、口腔ケアで予防できる?

誤嚥性肺炎の予防として特に効果的とされるのが口腔ケアです。

飲み込む力が弱くなっている人の口の中は、唾液の分泌が少ないため乾燥しています。唾液には自浄作用といって口の中をきれいに洗い流す働きがありますが、唾液が少なくなることで自浄作用が低下して口の中の細菌が増えてしまい、誤嚥性肺炎のリスクを高めます。
また、口の中を清潔にすることは誤嚥性肺炎の予防に非常に効果的です。歯磨きやうがいなどを自分でできないときには、口の中をスポンジやガーゼで拭ってあげるようにしましょう。
そして唾液をしっかりと分泌させるには、食事の時にしっかりと噛みながらゆっくり食べることも大切です。唾液は食物を噛んでいるときに分泌されるため、噛まずに飲み込んでばかりいると唾液量が十分に分泌されません。こういったことに気をつけることが誤嚥性肺炎の予防につながります。

口腔ケアに必要な道具と、正しい手順とは?

口腔ケアには以下の道具が必要です。

  • 先端が小さめの歯ブラシ(歯がある場合)
  • 口腔内用スポンジブラシ
  • ガーゼ
  • 洗浄液

まず、歯がある人の場合、奥歯から前歯ぶ向かって、歯の裏側まで丁寧に磨きます。うがいができない場合は磨いた後にしっかりと柔らかいガーゼで洗浄液をふき取って仕上げましょう。

歯がない人や歯のある人でブラッシングが完了した後には、歯茎や口腔粘膜、舌のケアを行います。スポンジブラシに洗浄液を染み込ませ、歯茎と口の間の溝や上あご・下あごの粘膜を優しく撫でるように汚れを落としてきます。舌は引き伸ばした状態で奥から手前にスポンジブラシでブラッシングしましょう。最後に柔らかいガーゼで汚れをふき取るように拭ったら完了です。

口腔ケア中は、洗浄液や唾液などを誤嚥しやすくなりますので、座位の姿勢で行うのが望ましいです。座位が不可能な場合には、顔を横に向けてケアを行うなど誤嚥のリスクを最小限に抑えるようにしましょう。

誤嚥性肺炎はどうやって治療するの?

誤嚥性肺炎の治療は、肺炎の原因となっている細菌などの原因微生物に対して有効な抗菌剤を投与することです。また、肺炎が原因でしっかりと呼吸ができていないときには、酸素吸入が行われ、呼吸状態が著しく悪いときには人工呼吸器が使われることもあります。
痰をきちんと出さないと誤嚥性肺炎を悪化させるので、排痰がしやすくなるように援助をしたり、自力で出せない場合には吸引を行います。その他、誤嚥性肺炎を繰り返さないようにむせないように食事を工夫をしたり、一時的に点滴や胃ろうで栄養を補給することも必要になることもあります。

おわりに:誤嚥性肺炎は口腔ケアの徹底で予防が可能。寝たきりや介護が必要な高齢者を家族に持つ人はしっかりサポートを!

誤嚥性肺炎は、唾液や食べ物が何らかの原因で誤って気管に入ってしまうことで発症します。予防するためには、口腔内の細菌を減らすことが大切です。歯みがきやうがいなどをできるだけ丁寧に行うようにしましょう。また、寝たきりの人など自分で歯みがきできない人に対しては、家族など身の回りのお世話をする人がサポートしてあげるようにしてください。

この記事に含まれるキーワード

介護(12) 肺炎(36) 誤嚥性肺炎(16) 口腔ケア(4) 咳反射(1)