誤嚥性肺炎を防ぐ食事方法と絶食後の経口摂取再開の注意点とは

2017/12/12 記事改定日: 2018/10/15
記事改定回数:1回

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

高齢者になると発症リスクが上がる「誤嚥性肺炎」。この誤嚥性肺炎を発症を防ぐには、普段の食事内容でどういったことに注意すればいいかをご紹介していきます。
また、誤嚥性肺炎で絶食したときに食事を再開する方法についても解説します。

誤嚥性肺炎が高齢者に起きやすい理由

通常は食べ物を飲み込む時には気管のふたが閉まり、気管には食べ物が入っていかないような仕組みになっていますが、高齢になるとものを飲み込む機能が衰えやすく、さらに口の中の唾液の分泌が減少することで口が渇き、食べ物を飲み込みにくくなります。

また、口の中が乾燥することで口内の雑菌が繁殖しやすいことも要因のひとつです。ほかに、脳梗塞や神経系の障害が起こった時にもこの運動が上手く行われなくなります。その結果食事中にむせることが多くなり、誤嚥性肺炎を起こす可能性が高くなります。なお、気管にものが入ってむせるだけでなく、寝ているうちに唾液が少量ずつ気管に流れ込んでいることも、発症原因の一つになります。

こんな症状に注意

食物を食べる時に食道に入るべき食べ物が誤って気管に入ることで、肺に炎症が起こる病気が誤嚥性肺炎です。食べ物を飲み込みにくいと感じたり、食べている時にむせることが多くなったりしたら、誤嚥を起こしている可能性があります。

誤嚥性肺炎は高齢者がかかることが多く、普通の肺炎と比べて症状があらわれにくいことがあります。微熱、呼吸数がわずかに増えている、なんとなく体のだるさが続く、食欲が落ちるといった程度の症状しかない場合もあります。このような症状は見落とされがちで、誤嚥性肺炎の発見が遅れることがあります。いつもとは少し様子が違うと感じた時には、誤嚥性肺炎を起こしていないかを確認したほうがよいでしょう。

誤嚥性肺炎を起こしにくい食事内容とは?

誤嚥性肺炎を起こしにくくするには、食べ物を飲み込みやすくすることが大切です。患者さんによって固形物が飲み込みにくい、水っぽいものが飲み込みにくいなど個人差があるので、個人個人にあった工夫が必要になります。

まず固形物が食べにくいと感じている人の場合には、噛み砕きやすい硬さに調整したり、先に細かく刻んでおいたりなどの工夫をします。しかし食べていて美味しいと感じることも大事なので、細かくし過ぎて味を損なわないように気をつけましょう。

水っぽいものでむせてしまう人は、液体にとろみをつけると飲み込みやすくなります。調理法を工夫したり、片栗粉を使ってとろみをつけるなど、料理内容に合わせて工夫してみましょう。

食事中や食後の姿勢にも注意が必要

また、食事の時にむせないようにするには、食べている時の姿勢も重要です。横になって寝ている姿勢よりも上半身を起こして座っている姿勢のほうが飲み込みやすくなるので、負担にならない程度に上半身をしっかりと起こして食事をしましょう。なお、座っている姿勢だけでなく、少し前かがみになっているほうが気管にものが入りにくくなります。

そして、食べ終わった後も大切です。食後に胃の中に入っている食物が、寝た姿勢になることで口の方へ戻ってきやすくなります。戻ってくる時に食べたものが気管に入ることも誤嚥性肺炎の原因になるので、食後はできれば20分ほどは座ったままでいましょう。

絶食から経口摂取を再開するときの注意点とは?

絶食期間から経口摂取を再開するときには、「いかにして誤嚥を減らし、誤嚥性肺炎の再発を防ぐか」が非常に重要となります。

誤嚥性肺炎は再発しやすく、絶食期間をおくと嚥下機能の低下が生じやすいため、食事再開時にはとろみの付いた流動食やゼリーなど誤嚥しにくいメニューを少量ずつ食べる必要があります。流動食やゼリーを食べて誤嚥がない場合には、柔らかいお粥などを取り入れ、徐々に普通のご飯が食べられるように訓練します。
しかし、食事再開後に発熱などの症状が見られた場合には、再度絶食する必要があります。

おわりに:調理工程や食事中の姿勢などを工夫しながら対応していこう

誤嚥性肺炎を防ぐには、食材の細かさを調整したり、とろみをつけたりといった日々の工夫が重要です。食事中の姿勢にも注意を払いつつ、自宅でできるケアを行っていきましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

誤嚥性肺炎(17) むせる(1)