心不全は何が原因なの?若い人もなるって本当?

2017/11/29 記事改定日: 2019/1/9
記事改定回数:2回

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

心不全は心臓に問題が起こり体や脳、臓器など、全身に血液が送れなくなる状態のことを示します。この記事では心不全の原因について解説しています。
若い人の心不全の原因ついても紹介しているので、自分は大丈夫と油断せずきちんとチェックしておきましょう。

心不全の原因となる心臓の病気とは!?

心不全の原因としては、下記のようにさまざまな心臓病が挙げられます。

狭心症、心筋梗塞

心臓に血液を送り込む冠動脈が狭くなることで心臓を動かす血液が不足した状態が狭心症で、完全にふさがって心臓に血液が通じない状態が心筋梗塞です。高血圧、糖尿病、肥満などの生活習慣病をはじめ、加齢、ストレス、喫煙による動脈硬化が原因と考えられています。

心臓弁膜症

心臓内部には弁があり、心臓内の血液がスムーズに流れるように逆流を防いでいます。心臓弁膜症は、この弁の開きや閉じ合わせが悪くなり、血液がスムーズに流れなくなったり逆流したりしてしまう病気です。

原因がはっきりしていないことも多いのですが、最近では動脈硬化と同じように弁が硬くなって起きるケースが増加しています。

心筋症

心臓を構成する心筋に異常が起こり、血液を十分に体に送ることができなくなる病気です。先天性の疾患のほか、糖尿病や肥満、アルコールが原因となることもあります。

心房細動

心房細動は、心拍のリズムが不整になり、頻脈傾向になる病気です。このため、心臓のポンプ機能が過剰に働く状態が続き、心臓あ疲弊しての機能低下を引き起こします。その結果、心不全を発症することが多い病気であるとされています。

心不全の原因となる生活習慣は!?

心不全の悪化は、日々の心がけで避けることが可能です。日常生活を送る際には下記の点に注意しましょう。

食生活
肥満は心臓に負担をかけます。太りすぎないよう体重管理が大切です。また、塩分の取りすぎにも気をつけましょう。
喫煙
たばこは心臓や肺に害を与えます。心不全と診断された場合には禁煙が必要です。
アルコール
アルコールの飲みすぎが心不全の原因となることもあります。飲酒は心臓の負担になるため、ほどほどにしておくことが大切です。
運動不足
運動不足は心不全の原因になります。心不全の重症度にあわせ、適度な運動を行いましょう。運動能力のアップにもつながる重要な生活習慣です。
過労・感染症・熱すぎる風呂
過労や風邪、長時間熱い湯に入浴することも心不全の原因になることがあります。

ストレスと心不全

精神的なストレスを感じると、自律神経の中の交感神経が過剰に刺激された状態となります。交感神経は自律神経のうち、「活発性」や「興奮性」を支配し、心臓に対しては心拍数や血液を送り出す力を上昇させる作用があります。このため、ストレスが長く続くと、心臓に慢性的な負担を強いることになり、心不全を発症することもあります。

日常生活からストレスを完全に取り除くことは不可能ですが、夜間寝る前など一日の内で心身ともにリラックスできる時間を持つことが大切です。寝る前に好きな音楽を聴いたり、ゆっくり半身浴をしたり、自分の好きなことをして一日のストレスを発散する時間を設けましょう。

若い人も心不全になるの?

もちろん、若い人でも心不全になる可能性はあります。
若い人に見られる心不全は心筋症や心膜炎など心臓自体の病気によるものが多いですが、中には中高年以降に発症する心不全の原因と同じく不適切な生活習慣が関与していることもあります。

とくに、肥満や高血圧、喫煙などは若い人でも見られるものであり、心臓に負担をかけて心不全を招くことがあります。若いからといって油断せずに、日頃から規則正しい食事や運動習慣、睡眠時間の確保などを心がけて生活習慣を調えるようにしましょう。

また、ストレスも若い人の心不全の原因となることがあります。社会生活を送るうえでストレスを完全になくすことはできませんが、適度なストレス解消を行うなどして心身ともに健康な生活を送るよう心掛けることが大切です。

注意すべき症状

特に若い人は、自身の体調の変化を自覚したとしても放置する傾向があり、重症化して初めて病院を受診するという人も少なくありません。しかし、心不全に限らず体調の変化を自覚した時は、病院を受診して早めに治療を開始するのが望ましいと考えられます。

心不全では以下のような症状や身体の変化が現れます。

  • 動悸や息切れがする
  • 夜間に咳が出やすくなる
  • 横になると息をしづらくなったり、咳がひどくなる
  • 足や顔などにむくみが生じる
  • 尿量が減る

これらの項目に当たはまるものが多い人は、一度病院を受診して検査を受けるようにしましょう。

おわりに:心不全は若い人もなる可能性がある。生活習慣を見直し、気になる変化があるときはすぐに病院に行こう!

心不全の原因となる病気の予防、また心不全悪化の予防には、生活習慣がとても大切です。長期的な心臓への負担を避けるためにも、一度日々の生活を見直しましょう。
また、心不全は若い人もなる可能性がある病気です。年齢に関係なく予防に努め、気になる症状があるときはすぐに医師に相談しましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

心筋症(7) 高血圧(132) 狭心症(45) 心不全(33) 心筋梗塞(74) 生活習慣病(58) 心臓弁膜症(14) 心不全の原因(1)