肝癌(肝細胞がん)末期と診断されたら・・・

2017/12/21

山本 康博 先生

記事監修医師

東大医学部卒、独立行政法人国立病院機構東京医療センター

山本 康博 先生

肝癌(肝細胞がん)はある程度進行しないと自覚症状が現れないことも多く、発見したときには既に末期になっていたいうケースも少なくありません。この記事では、末期の肝癌(肝細胞がん)の症状や治療、緩和ケアについて解説しています。

肝癌(肝細胞がん)末期とは、どんな状態?

多くの癌では、遠隔転移をしている段階で末期とされますが、肝癌では遠隔転移がなくても、リンパ節転移のある場合や、腫瘍の数が2個以上の場合に末期とされることがあります。
また、肝臓がどの程度ダメージを受けているかによってA・B・Cの3段階に分類する肝障害度分類も重視されることもあり、この分類によって治療法も変わってくることになります。

肝癌(肝細胞がん)末期の症状

肝臓は、「沈黙の臓器」と呼ばれるほど症状が出にくい臓器です。それでも末期になると肝機能は著しく低下し、さまざまな症状が現れます。
肝癌末期の症状としては、体重減少や黄疸、腹水、全身のかゆみ、むくみ、疲労感のほか、腹痛や下痢などが挙げられます。

さらに、有害物質を解毒するという肝臓特有の作用が低下することによって、脳の神経が有害物質に障害され、肝性脳症と呼ばれる症状が現れることもあります。肝性脳症を起こすと認知症のような状態になったり、昏睡状態に陥りそのまま命を落としたりすることもあります。
また、リンパ節や骨など、他の臓器への転移も起こります。骨転移した場合は骨の激しい痛みを起こすなど、転移した癌は、それぞれの臓器に応じた症状をもたらします。

肝癌末期にはどんな治療が行われるの?

肝癌の代表的な治療方法には、癌の切除や肝臓移植のほか、皮膚の上から針を刺して肝臓の癌組織を直接治療する局所療法、肝臓へ流れ込む血流を遮断することで癌を壊死させる肝動脈塞栓術などがあります。

しかし、肝癌末期の状態で全身に転移が見られる場合には、癌の切除は行わないことがほとんどです。この場合には、抗がん剤を用いた化学療法や放射線療法によって、転移した癌の進行や、癌による症状を抑える緩和的な治療が行われます。
ただ、肝臓は放射線に弱い臓器であり、化学療法も効果が出にくいとされているため、抗がん治療そのものを行わないケースもあります。

「緩和ケア」の大切さについて

肝癌は他の癌に比べて、治療が難しい癌といわれています。また、肝癌末期の場合にはすでに行える治療がないケースもあり、予後に関しては非常に厳しいことも多いようです。患者とその家族は、身体に現れるさまざまな症状や痛みだけではなく、こうした厳しい現実にも向き合う必要が出てくるため、緩和ケアがとても大切になってきます。

緩和ケアには、つらい痛みや症状に対する医療的ケアに加え、死への恐怖や社会的な不安などの精神的な苦痛に対するケアも含まれます。たとえ完治ができなくても、最期までその人らしく生きられるようサポートすることが、大切な治療の一環となるといえるでしょう。

おわりに:治療が難しい肝癌末期には、緩和ケアを

自覚症状を感じたときにはすでに行える治療がないケースもあるほど、肝癌は治療が難しいとされています。末期の場合には、緩和ケアによって身体的・精神的な苦痛を取り除くことが、残された時間をその人らしく過ごせることにつながることもありますので、慎重に検討するようにしましょう。

この記事に含まれるキーワード

緩和ケア 末期がん 肝がん 肝動脈塞栓術 肝細胞がん