薬疹の一種「スティーブンス・ジョンソン症候群」とは?

2018/1/17

三上 貴浩 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 医学博士

三上 貴浩 先生

薬疹は投薬が原因で起こる発疹のことです。この薬疹が重症化したもののひとつにスティーブンス・ジョンソン症候群があります。この記事ではスティーブンス・ジョンソン症候群の危険性について解説しています。また、治療において重要なことについても説明しています。

薬疹について

薬疹とは、薬剤を内服または注射した後に、副作用として皮膚や粘膜に生じる発疹です。
薬剤に対するアレルギー反応や、薬剤が本来もつ作用による中毒症状によって生じます。
薬疹を起こさない薬は存在せず、ビタミン剤や漢方薬でも薬疹が出る可能性があります。ただし「薬疹を起こしやすい薬剤」と「比較的起こしにくい薬剤」があります。ペニシリンなどの抗菌薬や解熱鎮痛薬、抗けいれん薬などは薬疹を起こしやすいものの代表です。また、高血圧や糖尿病の治療薬や検査に用いられる造影剤で薬疹が出ることも少なくありません。

重篤な薬疹「スティーブンス・ジョンソン症候群」とは?

スティーブンス・ジョンソン症候群とは、全身の皮膚や粘膜に発疹や水疱があらわれる病気で、重症の薬疹の1つです。
症状としては、38度以上の高熱や頭痛、咽頭痛、身体の痛み、くちびるや陰部のただれ、眼球充血などがあらわれ、その後、平らで赤い発疹が顔および胴体に生じ、全身に不規則に広がります。

粘膜に水疱ができた場合は、部位によって様々な障害が起こります。例えば口の粘膜に水疱ができると、食事を取りづらくなります。目の粘膜に症状が出た場合、目がうまく開けられなくなったり、角膜に傷がついたりすることがあります。

原因と考えられる薬剤の服用後2週間以内をめどに発症することが多いですが、数日以内あるいは1か月以上経過してから症状が現れる場合もあります。

原因として抗菌薬、解熱消炎鎮痛薬、抗てんかん薬などが挙げられますが、マイコプラズマ感染や一部のウイルス感染に伴い発症することもあります。薬剤や感染症などをきっかけに免疫学的な変化が生じ、皮膚や粘膜に重篤な壊死性の病変がもたらされると考えられていますが、発症メカニズムについてははっきりわかっていません。

こんなときは早急に医療機関へ連絡を!

高熱(38度以上)、目の充血、めやに、まぶたの腫れ、目が開けづらい、唇や陰部のただれ、排尿や排便時の痛み、のどの痛み、皮膚の広い範囲が赤くなる等の症状がみられ、それが持続したり急激に悪化することが、スティーブンス・ジョンソン症候群の症状の特徴です。このような症状があるときは早急に病院を受診しましょう。受診時には、服用した医薬品の種類、服用してからどれくらいの期間が経過しているかについてもきちんと報告してください。

スティーブンス・ジョンソン症候群は、多臓器不全や敗血症などを合併することもあり(死亡率は約3%)、失明に至る視力障害、瞼球癒着、ドライアイなどの合併症を発症することもあるため、早急の治療が重要です。

おわりに:合併症に進展する前に、早めに医療機関を受診しよう

スティーブンス・ジョンソン症候群は発疹部位の処置に加えて、厳重な眼科的管理、呼吸管理、感染防止など合併症への対処も必要になる病気です。合併症が深刻化すると、失明したり命に関わるおそれがあります。早期発見と早期治療のためにも、特徴ある症状が現れた場合は、ただちに受診し、使っている薬剤を伝えましょう。

厚生労働省 の情報をもとに編集して作成 】

この記事に含まれるキーワード

失明(14) 薬疹(4) 敗血症(11) 多臓器不全(2) スティーブンス・ジョンソン症候群(2) スティーブンス・ジョンソン症候群合併症(1)