どうしても禁煙が続かない…その理由とは!?

2018/2/14 記事改定日: 2019/1/21
記事改定回数:1回

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

禁煙を始めても続かないと思い悩んでいる人は多いのではないでしょうか。
この記事では、禁煙が続かない理由をタバコが持つ「害」についてもあわせて解説していきます。
「今度こそ禁煙を成功させたい!」という人は、ぜひ参考にしてください。

禁煙を続けられない理由とは?

禁煙しようと心に誓っても、なかなか禁煙は続かないものです。
では、なぜタバコはやめられないのでしょうか。

これは、タバコに含まれる「ニコチン」の依存性が原因です。
脳の中にはニコチンを感じる受容体があり、タバコを吸うとその受容体にニコチンがくっつき、ドーパミンという物質が分泌されます。

ドーパミンは脳内神経伝達物質のひとつで、快楽や喜びを司るホルモンです。
タバコを吸うことで、ドーパミンが分泌され、気分がよくなったり、おいしいと感じたりするようになります。すると脳がこの快楽を覚えてしまい、もう一度吸いたいと強く感じるようになるのです。

これが何度も何度も繰り返されることによって依存症となり、依存症になってしまうと他の依存症と同じように禁断症状(離脱症状)が出てくるようになります。タバコが自分の意思でやめることができないのは、このような脳の仕組みのためです。

タバコにはどんな悪影響がある?

タバコには、4,000種類もの化学物質が含まれていて、その中の200種が有害物質でありう、そのうちの50種類以上が発がん性物質です。

タバコの代表的な有害物質は、ニコチン、タール、一酸化炭素ですが、アセトン(ペンキ除去に使われる物質)やヒ素なども含まれていることからも、体への有害性が非常に高いことがうかがえます。

高い依存性よる体への負担

ニコチンは依存性が強く、個人の意思ではなかなかやめることができません。
継続的な喫煙は、体にさまざまな害をもたらしますが、がんの発症リスクはさらに高まります。肺がんはもちろんですが、食道がんや胃がんなど、さまざまな「がん」につながる可能性があるのです

副流煙の害

副流煙を吸うだけで発がんリスクが高くなりことがわかっています。
つまり、タバコは喫煙者本人だけでなく周囲の人まで悪影響を及ぼすということです。

低タール・低ニコチンのタバコにも害はある?

低タール、低ニコチンであれば健康への影響は少ないと思っている人もいるかもしれませんが、それは正確ではありません。

そもそもタバコに記載されているニコチンやタールの数値は、タバコ一本当たりの含有量ではなく、一定量喫煙した場合の煙を分析して算出した数値です。書かれている数値が、実際のものよりも低くなることもあるので、体への害が少ないとは言い切れないのです。

また、軽いタバコほど深く吸い込んだり、根元まで吸ったりする傾向があるため、総合的にみると体に取り入れられてしまう有害物質の量は大きく変わらない場合もあります。

禁煙を続けるためにはどうすればいい?

自分の意思や市販の禁煙グッズのみで禁煙できない場合は、「禁煙外来」を利用するのも一つの方法です。
現在では、多くの医療機関で禁煙外来が設けられていますので、比較的利用しやすくなっています。

禁煙外来では、まず喫煙期間や本数、これまでの禁煙対策などの問診が行われ、必要に応じて禁煙補助薬であるチャンピックス®などの処方が行われます。
禁煙補助薬は、脳内のニコチン受容体に結合し、ニコチンの受容体への結合を物理的に阻害する作用を持ちます。このため、タバコを吸っても多幸感が得られなくなると同時に、少量のドーパミンを分泌させる効果があるため、タバコの禁断症状を緩和することができます。

禁煙補助薬を使用すると、これまでどんなことをしても禁煙できなかった人の半数以上が禁煙に成功するとされています。また、そのほかにも、ニコチンパッチやニコチンガムなどのニコチン製剤が併用されるケースもあります。

費用は健康保険の適応になりますので、3割負担では診察料も含めて三か月の通院で1~2万円が相場です。しかし、若年者や吸う本数が少ない人は、保険適応とならずに全額自己負担となることもありますので、事前に医療機関に問い合わせておきましょう。

おわりに:タバコは有害にも関わらずなかなかやめられない

タバコは、健康への影響を理解できているにも関わらず依存性があるため、自分の意志ではやめることが難しいです。
さらに、受動喫煙によって周囲の人の健康にも影響が出ます。病院には禁煙外来があるところもあるので、禁煙を強く望む人は一度受診してみてはいかがでしょうか。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

禁煙(77) 禁煙外来(4) ニコチン依存症(2) ニコチン受容体(1)