子供がロタウイルスに感染したら・・・食事はどうすれば良い?

2018/2/15

三上 貴浩 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 医学博士

三上 貴浩 先生

子供がかかりやすい感染症の一つが、「ロタウイルス」です。もし自分の子供がロタウイルスにかかってしまったら、どんなことに気をつけたらいいでしょうか?対処法やおすすめの食事をご紹介します。

ロタウイルス感染症はどんな病気?

ロタウイルス感染症は、2〜3月にかけて最盛期を迎えるウィルス感染症の一つです。抵抗力が整っていない幼少時から12歳までの子供の世代で感染しやすいですが、まれにストレスなどで抵抗力が弱っている大人も感染することがあります。ただ大人は子供よりも抵抗力は備わっているので、重症化せず軽い風邪のような症状にまでしかならないことが多いです。

ロタウイルスは、同時期に発生するノロウイルスクラスの強力な感染力を持っています。さらにロタウイルスはノロウイルスと同様に、表面にエンベロープがないので、一般的な消毒法である熱やアルコール殺菌が利きにくい性質を持っています。さらに、アルコールで拭いた勢いでその菌が舞い上がってしまい、感染を広げてしまう可能性があるので注意が必要です。

ロタウイルス感染症の症状と対処法

ロタウイルス感染症の代表的な症状は、その他のウィルス感染症と同じく39度以上の高熱が出る点です。これは体内に侵入したウィルスを駆除するために、身体が抗体を出したために起こります。それ以外にも防衛機能として、口から菌を出すための激しい嘔吐や、大腸を刺激しての水分が多く白色をしている便の排出などが見られます。

ロタウイルス感染症になったら、定期的にコップ一杯分の水分をとるようにしてください。高熱だけでなく大量の嘔吐や下痢をしてしまうと、脱水症状や合併症のリスクを引き上げてしまいます。経口補水液を飲むことが理想ですが、無い場合には水に少量の塩と砂糖を入れたものでも構いません。ただ一気に飲むと吐いてしまうので、電子レンジなどでぬるくしてゆっくりと飲むようにしましょう。

そして下痢止めの服用はやめてください。下痢止めを使えば菌が排出されず、体内に残ってしまい、治りが遅くなるからです。

高熱があるときや下痢をしているとき、子供に何を食べさせたら良い?

子供がロタウイルスに感染したときには、喉を通りやすい、野菜中心のメニューで栄養をつけさせましょう。例えば、とろみのあるポタージュスープは喉を通りやすいのでおすすめです。

さらにおすすめなのが卵料理です。卵にはビタミンやミネラルだけでなく、たんぱく質が多く含まれているので、体内の熱を生み出しやすく菌への抵抗力を上げてくれます。そのため卵雑炊や卵豆腐など口に入れやすい料理を食べると良いです。それ以外にもミネラル分を失ったときには麦茶や大腸の調子を整えるヨーグルト、そしてすりおろした林檎などもおすすめです。

逆に食べてはいけないのは、胃に負担をかけるものです。例えば揚げ物や肉類、お菓子などの油が多く含まれているものや、胃の消化に時間がかかる海藻類やきのこ類は避けたほうが無難です。

おわりに:消化によく栄養もとれる献立で、子供のロタウイルスを撃退!

ロタウイルスなどのウイルス感染症の平均潜伏期間は、1週間前後です。菌が完全に体の中からいなくなるまでの間は、この消化のよい食べ物と食べてはいけないものを参考に献立を組み立てるようにしましょう。

厚生労働省 の情報をもとに編集して作成 】

関連記事

この記事に含まれるキーワード

ノロウイルス(53) 下痢止め(12) 水分補給(41) 嘔吐(89) 肉(9) 高熱(43) ヨーグルト(32) スープ(5) 海藻(11) 白色便(3) ロタウイルス(15) 卵料理(1) 揚げ物(2)