ハウスダストの解消は掃除が重要!ダニの対処のコツを紹介します

2017/3/21 記事改定日: 2018/7/17
記事改定回数:1回

佐藤 典宏 先生

記事監修医師

産業医科大学第1外科

佐藤 典宏 先生

ハウスダストはアレルギーの要因の中でも最も代表的なものです。アレルギーは特に小さな子供の健康に影響を及ぼし、その人が成長するうちに消えていく場合もありますが、多くは生涯残存します。
この記事では、アレルギー症状とハウスダストの除去法についてお伝えします。今日から始められることなので、参考にしてください。

ハウスダストの症状 ― こんな症状には注意!

アレルギー反応は大抵の場合、アレルゲンにさらされてからわずかな時間ですぐに引き起こされます。
症状には以下のようなものが含まれます。

  • くしゃみ
  • 鼻水、または鼻づまり
  • 目が赤くなる、痒くなる、涙が出る
  • 息切れ、および咳
  • 赤く痒みを伴う発疹
  • 喘息・湿疹の症状の悪化

大抵のアレルギー反応はおとなしいものですが、場合によってはアナフィラキシー(即時型過敏反応)またはアナフィラキシー・ショックと呼ばれる深刻な反応を引き起こすことがあります。この反応は医療上の緊急事態であり、救急処置が必要となります。

ハウスダストアレルギーはダニが主な原因って本当?

アレルギーの原因として、ダニは非常に多くのケースで関わっており、ハウスダストも例外ではありません。ハウスダストは「ゴミ」が原因と考えている人も多いと思いますが、ダニそのものだけではなく、ダニのふんや死骸もアレルゲンになり得るのです。
アレルギーを起こすダニとして有名なのは、コナヒョウダニやヤケヒョウダニです。これらのダニは人のフケや垢、カビなどを餌に繁殖します。このため、寝具や浴室・洗面所周り、部屋のホコリがたまりやすい場所に多く潜んでいます。
ハウスダストによるアレルギーを防ぐためには、ホコリを溜めないようこまめに掃除をしたり、寝具の日光消毒などを行うようにしましょう。

ハウスダストの対処法 ― 掃除とダニ対策のコツとは?

では、ハウスダストはどのようにして除去できるのでしょうか?
以下のいくつかの方法を参考にハウスダストを抑えましょう。

  • カーペットの代わりに木製または硬質のビニール系床材を選択しましょう
  • 簡単にきれいに拭くことができるローラーブラインドを取り付けましょう
  • 布張りの家具の代わりに革製、プラスチック製またはビニール製の家具を選びましょう
  • クッション、ぬいぐるみ、カーテン、布張りの家具を定期的にきれいにする(高温で)か、掃除機をかけましょう
  • アレルギー対策用のマットレス、羽毛布団、枕を使いましょう
  • 通常の掃除機より多くのイエダニを捕らえられるので、HEPA(高効率微粒子空気)フィルターを備えた電気掃除機を使いましょう
  • 湿った清潔な布で定期的に拭き掃除をします。空気中にちりが広がる可能性があるので、乾拭きは避けましょう

ペット対策

アレルギー反応を引き起こすのはペットの毛ではなく、皮膚が細かくはがれ落ちた物、唾液、乾燥した尿です。
現代では家のなかでペットを飼っている人も多いと思います。次のことを試してみましょう。

  • 可能な限りペットを外に出し、できればカーペットのない場所で、家の中での場所を制限しましょう
  • 寝室にペットを入れないようにしましょう
  • 少なくとも週に一度はペットを洗いましょう
  • 定期的に外でペットのグルーミングしましょう
  • ペットが横になる寝具類や布地の室内装飾品を定期的に洗いましょう
  • ほとんどの時間を過ごす部屋ではエアフィルタを使用しましょう
  • 扇風機やエアコンを使ったり、窓を開けて換気を良くしましょう

ハウスダストアレルギーの症状が出てからの対策

ハウスダストアレルギーは一般的なアレルギー同様、抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬などの内服によって症状を抑えることができます。
市販でも購入可能な薬としては、抗アレルギー薬のアレジオンやアルガード®、抗ヒスタミン薬のクラリチン®などがおすすめです。
しかし、これらの市販薬はひどい症状があるときに一時的に飲むのはよいですが、漫然と服用を続けるのはやめましょう。
市販薬を飲んでも効果が切れる頃に症状が再び現れるような場合や市販薬が効かない場合には、病院を受診して適切な検査・治療を受け、生活環境の改善などに関しても相談しましょう。

おわりに:まずは掃除の徹底がハウスダスト対策につながる。家の中の清潔を保とう

いかがでしたか?不潔な家庭は、生涯悩まされるかもしれないアレルギーの原因となります。これらのハウスダスト対策を参考に、ご自身だけでなく大切な家族のためにも、清潔な家庭をつくりましょう。
また、アレルギーを放置していると症状が悪化したときに危険です。一度は病院を受診し、自分の状態をチェックしてもらいましょう。

この記事に含まれるキーワード

アレルギー(64) アナフィラキシー(14) ペット(15) ハウスダスト(6)