ダイエットに効くツボはどこ?手や耳などのツボ押しでスッキリしよう

2018/4/4

三上 貴浩 先生

記事監修医師

東大医学部卒、医学博士

三上 貴浩 先生

健康的なダイエットには、食事内容の見直しや運動習慣が欠かせませんが、ツボ押しによってもダイエット効果を高めることができると考えられています。ダイエットに効くとされるツボについてご紹介します。

ダイエットに効く「手のツボ」

ダイエットに効果が期待できる手のツボは全部で3つあるといわれています。手であれば暇な時や移動中、空いている時間などに手軽に行うことができるため、常にダイエットを意識している人にはうってつけなツボかもしれません。

1つ目は手の平の親指の付け根から手首にかけて盛り上がった部分にあるツボで、胃・脾・大腸区といいます。このツボは刺激することで胃の働きを抑えてくれるため、食べる量を抑える効果が期待できます。

2つ目は手の甲側の親指と人差し指の間のややくぼんだ部分にあるツボで、合谷というツボです。このツボは胃の働きを活発にしてくれるため便秘解消効果が期待できます。

3つ目は小指の第二関節の中央あたりにあるツボで命門といいます。このツボを刺激することで血行が良くなるため、新陳代謝が良くなると言われています。

ダイエットに効く「耳のツボ」

ダイエットに効くツボは耳にも3つあります。手と同様に外出先でも気が付いたときに気軽にツボ押しができるため、覚えておくとこまめにツボ押しができます。

1つ目は耳の1番高いところから少し下がったくぼみの少し上にある、神門というツボです。ダイエット中によくある食べられないことへのイライラを抑え、やけ食いを防止する働きが期待できます。

2つ目は耳のほぼ中央にあるツボで、胃に対して働きかけます。胃の働きを整えることで食欲を抑えることができますが、胃に作用するだけなので逆に食欲を増進させてしまう可能性もあります。

3つ目は耳の穴に近い部分の出っ張った固いところにあり肺点と呼ばれます。食欲を抑える効果があるだけでなく、インスリンの過剰分泌を抑制する働きもあります。そのため、食事により脂肪が体内に溜めこまれるのを防止することができます。

耳は小さい区域にたくさんのツボが固まっているため、綿棒などを使用してツボを刺激するという方法もよいでしょう。

家に帰ったら「足裏のツボ」も刺激しよう

外出中は耳や手など気軽に押せるツボを押しつつ、家に帰って裸足になったら足裏のツボもゆっくりと刺激してみましょう。実は足裏にはツボは1カ所しかありませんが、反射区といってツボと同様に刺激をすることで内臓の働きを高める場所が多くありますので、ご紹介します。

1つ目は、足の人差し指の付け根からかかとに向けて下がっていくところの、少しくぼんだ所にあるツボです。このツボのことを湧泉といいます。老廃物の排出を促す効果があり、脂肪燃焼効果も高まります。

2つ目は親指と人差し指および指の付け根の膨らんだところにある区域です。この区域は刺激することで食欲を抑える効果があります。左右両方の部分を各1~2分ほど揉むように刺激するとよいです。

3つ目は腎臓および副腎に対して効果のある反射区です。土踏まずのほぼ中心部分は腎臓に、そのすぐ上は副腎に対して効果があります。ここは老廃物の排出を促す効果があるため体脂肪の燃焼効果が飛躍的にアップするためダイエットにうってつけのツボです。
左右両方のツボを各1~2分押し揉むように刺激しましょう。

必見!ツボ押しのポイントは?

ツボを押すときは息を吐きながらゆっくりと押し、息を吸いながら手を離していきましょう。また、ツボは押すだけでなく揉んだり、手であれば指をそらしたりすることで刺激することができます。1カ所をずっと押し続けていると皮膚トラブルの原因にもなりかねないので、さまざまな方法を取り入れてみましょう。

さらに、ツボ押しは指でだけでなくツボ押し用に市販されている棒やペンなどを使用することでも刺激できます。少ない力で刺激することができるため、力の弱い女性などではとりいれてみてもよいかもしれません。

ツボを押す際には痛みと気持ちよさを程よく感じる程度とし、痛みを強く感じるほどの強度で押すのは控えましょう。

おわりに:補助的にダイエットにツボ押しを取り入れてみよう

ツボだけ押していても痩せないと思われるかもしれませんが、ツボを押すことは内臓系を刺激するため補助的にダイエット効果を発揮してくれるかもしれません。特に耳や手などは手軽にできるため空いている時間に気軽に刺激することが可能です。すきま時間をダイエットに有効活用してみてはいかがでしょうか。

この記事に含まれるキーワード

ダイエット 足裏 ツボ 合谷 命門 反射区 湧泉