30代はダイエットしてもやせにくい!?どうすればやせられる?

2018/4/29

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

三上 貴浩 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 医学博士

三上 貴浩 先生

「30代に差し掛かった頃からやせにくくなった…」という話をよく聞きますが、なぜ30代になるとやせにくくなるのでしょうか?また、どうすれば効果的にやせられるのでしょうか?30代からおすすめの、健康的なダイエット法をお伝えしていきます。

30代はダイエットの成果が出にくいって本当?

30代になってやせにくくなってきた…と感じている人は多いのではないでしょうか。こう感じてしまうのには、きちんとした理由があります。

10〜20代のうちは活動量が多いですが、30代になると徐々に落ち着き、エネルギー消費が少なくなります。さらに、活動量が少ないと筋肉量が減って基礎代謝も下がってしまい、食べたものが消費できずに脂肪として蓄えられやすくなります。

また、30代は付き合いも増え、子供ができるなどライフスタイルの変化も多い時期です。それが原因で食事が不規則になったり、バランスが崩れたりすることも多くなります。これも、30代でダイエットの成果が出にくくなる理由と言えるでしょう。

30代のダイエットでは、しっかり食事を摂ることが大事

基礎代謝が減るなら、食事の量を減らしたほうがいいのでは…と考える方もいるかもしれませんが、それは逆です。ダイエットをしたいなら、しっかりと食事をとることが大切になります。

まず大事なことは、食事を抜かないこととバランスよく食べることです。食事を抜くと、どか食いをしてカロリーオーバーになりがちです。できるだけ3食きちんととり、タンパク質やビタミン、ミネラルなどバランスのとれた食事内容を心がけましょう。むくみ防止のため、塩分のとり過ぎにも注意が必要です。

食べるときには、順番も意識しましょう。最初に食物繊維の多い野菜などを食べることで、血糖値の急上昇を防ぎ、満腹感を得ることができます。

もしおやつを食べるなら、洋菓子よりも和菓子の方がオススメです。脂質の多い洋菓子よりも、太りにくいと言われています。全体のカロリーを見ながら、食べ過ぎには注意するようにしましょう。

30代のダイエット、運動はじっくり取り組めるものを

ダイエットの成果を出したいなら、食事に気を配るだけでなく、運動も取り入れましょう。ポイントは、ハードな運動をするのではなく、じっくりと長く取り組めるものを行うことです。

運動をするなら、ウォーキングなどの有酸素運動や、スクワットなどの軽い筋トレがオススメです。長く継続することで、消費カロリーアップや筋力低下の防止効果が期待できます。筋力が増えると、基礎代謝も維持・向上できるので、やせやすい体につながります。

出かけた帰りに1駅分歩いてみたり、家の中で踏み台運動をしたりするのもおすすめです。手軽にできる運動を、できる範囲から取り入れてみてはいかがでしょうか。

おわりに:30代のダイエットは、長くじっくり取り組もう

基礎代謝が落ちてくる30代では、いきなりやせようとしても成果が出にくいだけでなく、体の負担になってしまいます。毎日できる範囲で食事や運動を工夫して、じっくり取り組めるようにしていきましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

食事(225) 運動(173) ダイエット(246) ウォーキング(39) 塩分(40) 筋トレ(56) 30代(7) やせにくい(1) 和菓子(1)