不妊治療の内容について ― 初診のときはどんなことをするの?

2018/5/19

前田 裕斗 先生

記事監修医師

国立成育医療研究センター フェロー

前田 裕斗 先生

不妊検査は、妊娠ができない原因を調べるために行う検査です。不妊検査で原因がわかれば、的確な治療ができ、より早く妊娠することが可能になります。しかし検査と聞くと、不安なことや分からないことが色々と出てくるでしょう。
ここでは、不妊治療の初診や検査方法について解説します。

不妊治療、初診の内容は? ― 女性の場合

女性の不妊検査の流れ

① 問診

一般的には次のようなことが聞かれます。

  • 受診理由(妊娠がなかなかできない、気になる症状があるなど)
  • 月経の様子(初潮年齢、月経周期、最終月経の日にちなど)
  • 夫婦生活(婚姻年数、避妊期間、性交渉の頻度など)
  • 妊娠・出産(過去の妊娠、出産、中絶などの有無)
  • 病気(過去の病気や手術、服用中の薬などの有無)

以上のような問診は今後の診療、治療方針のもとになるため、正確に答えましょう。また、診察日に生理が重なった場合には、前もって医師に伝えるようにしてください。その他気になる点などあれば気軽に相談してみましょう。

② 内診

腟や子宮、卵巣の状態、痛みの有無などを検査します。検査の際に緊張して力むと、痛みを感じてしまうこともあるので、リラックスして受けましょう。

③ 超音波検査

子宮や卵巣の詳しい状態を検査します。腟にプローブという棒状の器具を入れる際には、体の力を抜くようにしてください。また、必要に応じて細胞診、おりものの細菌検査、クラミジア、淋菌検査などが行われる場合もあります。

④ 採血

主に、ホルモン検査、感染症検査(B型肝炎、C型肝炎、梅毒、HIVなど)などを調べるために行います。

不妊治療、初診の内容は? ― 男性の場合

男性の検査の流れ

① 問診
一般的には次のようなことが聞かれます。

  • 性欲の有無
  • 射精の状態
  • 性生活
  • 生活習慣

② 精液検査

クリニックの採精室やトイレでマスターベーションをしてもらい、精液を採取します。クリニックでの採取に抵抗がある場合は、自宅で採取して持参することも可能です。

その際は、検査の2時間以内に採取をしたものを、人肌程度の温度で持っていきましょう。精液は毎日新しく作られるため、体調によりその状態が変わります。例えば、睡眠不足や疲労、二日酔いや風邪の症状があるときに検査をすると、精子の減少や運動率の低下があると判断されてしまいます。もし、悪い結果が出てしまった場合は、後日体調のいいときに再検査を受けてみましょう

初診のときに何を持っていけばいいの?

初診時に何を持っていっていいのか分からない場合や病院からの指定がない場合は、以下のものを持っていくといいでしょう。

  • 健康保険証
  • 基礎体温表(最低でも3ヶ月分)
  • おりものシート
  • 筆記用具
  • 診察代
  • 持っているのであれば紹介状やこれまでの検査結果

内診で診察を受けると、おりものや出血が起こることや、洗浄することによって濡れてしまうこともあるので、おりものシートを持っていくと便利です。また筆記用具があると、医師に聞いたことや気になることなどをメモすることが出来ます。スマートフォンをお持ちの方はメモ帳のかわりに使うのもいいでしょう。

おわりに:夫婦で一緒に不妊治療の検査をしてみましょう

不妊治療を始めることは、なかなか思い切れないとスタートできませんが、問題があるときや心配なことがある場合は、不妊治療クリニックできちんとした検査を受け、必要な場合は治療を受けましょう。
初めての不妊治療は不安もたくさんあると思いますが、夫婦2人で病院に行って旦那さんと一緒に行き、医師に相談してみましょう。

この記事に含まれるキーワード

不妊 不妊治療 超音波検査 男性不妊 精液検査 女性不妊