シェーグレン症候群の治療ってどんなことをする?治療中の注意点は?

2018/6/29

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

膠原病の一種・シェーグレン症候群の治療ではどのようなことを行うのでしょうか?また、治療中の日常生活での注意点などはあるのでしょうか?シェーグレン症候群の症状や、専門の診療科はどこかなどと併せて解説していきます。

シェーグレン症候群の症状は?

シェーグレン症候群とは膠原病の一種で、関節リウマチの次に患者数が多い病気とされています。膠原病とは細菌やウイルスなどから身体を守っている免疫細胞が、何らかの原因により自分の身体を攻撃するようになる病気のことで、20種類ほどある自己免疫の病気の総称です。

膠原病の特徴として、関節症状や結合組織の炎症などが起こるという特徴があります。また、シェーグレン症候群の症状は腺症状と腺外症状の二つに分けられ、以下のような症状が起こります。

腺症状

多関節炎
複数の関節に炎症が起こり、腫れや痛みが伴います。
ドライアイ
涙量の減少、目の疲労感、目がゴロゴロする、充血などの症状が起こり、重症化すると角膜が傷つくことにより、乾燥性角結膜炎や、表層性角膜びらんになることがあります。
ドライマウス
唾液の分泌量の減少により、食べ物が飲み込みにくくなる、虫歯、口角の炎症、味覚障害などが起こることがあります。

腺外症状

主な症状として

  • 倦怠感
  • 関節痛
  • 間質性肺炎
  • 腎炎
  • 神経症状
  • 紫斑
  • 紅斑

などが挙げられます。

症状の種類や程度は人により異なり、突発的に発症する場合もあれば、徐々に症状が進行していく場合もあります。治療が遅れると3割ほどの人が、間質性肺炎、腎炎、中枢神経障害などの重篤な臓器障害になる可能性があるため注意が必要です。

症状に少しでも心当たりのある人は、すぐに専門の医療機関を受診するようにしましょう。

シェーグレン症候群の治療は何科に行けばいいの?

通常、シェーグレン症候群の専門家は、膠原病内科、リウマチ内科、血液内科、眼科、皮膚科、耳鼻科、歯科・口腔外科などの診療科に在籍しています。

しかし、シェーグレン症候群は目や口の乾燥の自覚症状だけでなく、他の全身症状が隠れている可能性があるため、可能であればリウマチ膠原病内科を受診することが望ましいでしょう。

シェーグレン症候群の治療ってどんなことをするの?

シェーグレン症候群を根本的に治す治療法はないため、基本的には、乾燥症状の改善や現れた症状の制御・緩和などの治療を行います。症状が進行している場合や活動性が強い場合は、それらを抑制するため副腎皮質ステロイド薬や免疫抑制薬の服薬を行います。

ただし、症状が比較的軽い場合や、落ち着いている場合は、これらの薬剤が処方されることはあまりありません。

腺症状(ドライアイ・ドライマウス)

涙や唾液を補充する対症療法が主体です。

ドライアイ

涙の分泌量が少ない場合には、人工涙液が使用されます。また、ドライアイ眼鏡の着用や、涙点(涙の出口)を塞いで涙の流出を抑える方法(涙点プラグ、涙点縫合)が行われることもあります。

ドライマウス

飲水やうがいによる効果は短時間のため、基本的には、人工唾液や保湿成分を配合したジェル、唾液の分泌を促進する薬剤などが使用されます。ただし、薬の効き方は人により異なり、消化器症状や発汗などの副作用が起こる場合もあるので、注意して使用する必要があります。

腺外症状

各臓器の症状に合わせた治療が行われます。

関節痛・関節炎

比較的軽度の場合が多いため、非ステロイド性抗炎症薬が使用されます。

治療中に気をつけることは?

治療中には以下のことに気をつけましょう。

  • 規則正しい生活習慣を心がける
  • 質のいい睡眠、十分な睡眠時間を確保する
  • 過労を避け、安静にする
  • 栄養バランスのとれた食生活(カルシウムなど)
  • 寒冷を避ける
  • 外傷や手術などの肉体的ストレスを与えないようにする
  • 精神的ストレスを避ける
  • 適正体重を維持する
  • 適度に運動をする(散歩、庭いじり、畑仕事、サイクリングなど)
  • 強い日光を避ける(帽子や長袖シャツの着用、日焼け止めクリームを塗るなど)
  • 長期の予後に関わる疾患の予防(骨粗しょう症、動脈硬化、高血圧、糖尿病、白内障、結核など)
  • 服薬をきちんと行う
  • 定期的に眼科や歯科を受診する
  • パソコンやスマホなどの長期使用を避け、目を適度に休める
  • 砂糖を多く含む食事、乾燥食品、香辛料、アルコール飲料などの摂取を控える
  • 禁煙をする

おわりに:気になる症状があるときはリウマチ膠原病内科の受診を

シェーグレン症候群とは膠原病の一種で、関節症状や結合組織の炎症などが起こるという特徴があります。シェーグレン症候群を根本的に治す治療法はないため、基本的には、乾燥症状の改善や現れた症状の制御・緩和などの治療を行います。気になる症状のある人は、リウマチ膠原病内科を受診しましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

治療(464) 症状(559) シェーグレン症候群(11) 注意点(8) 何科(34)