胃の場所って体のどのあたりなの?胃の中の仕組みってどうなってる?

2018/10/6

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

胃は体のどのあたりにあるのでしょうか?また、胃の中の仕組みは具体的にどのようになっているのでしょうか?胃の場所や仕組みについて解説していきます。

って体のどこにあるの?

胃は、右上腹部、心窩部、左上腹部、腹部正中部などの複数の領域にわたって存在しており、自分から見るとみぞおち左付近から肋骨の一番下付近に位置しています。

病院で診察する際には腹部の場所を、右下腹部、右上腹部、心窩部、左上腹部、腹部正中部、左下腹部、下腹部正中部の7つに分けて、具体的にどの辺りに痛みを感じるのかを問診・診察をして、痛みの原因となっている疾患を調べます。

胃ってどんな仕組みになっている?

口から入った食物は、歯で噛み砕かれた後、食道を通過して胃に入ります。食物が口の方へ逆流することがないのは、口の近い方の筋肉が収縮するとともに、胃に近い方の筋肉が弛緩するという食道の蠕動運動によるもので、この動きを繰り返し行って食物を胃に運搬しています。
胃に届けられた食物は、胃酸によって粥状にされた後消化され、雑菌なども同時に殺菌されます。胃の中でドロドロになった食物は十二指腸に運搬された後、膵液や胆汁などをかけられさらに消化されます。

胃の中に入った食べ物の変化

  1. 胃の上部(胃底部)が膨らむ
  2. 胃酸が分泌される
  3. 粥状に消化される

胃の構造

胃の構造は以下のようになっています。

外側(部位)
噴門、胃底、大湾、小弯、角切痕、幽門洞、幽門管、幽門から成っています。
内側
胃小区、遺構、粘膜、粘膜下組織、筋層、漿膜から成っています。

おわりに:胃の場所と仕組みを覚えておこう

胃は、みぞおち左付近から肋骨の一番下付近に位置している臓器です。口から入った食べ物は蠕動運動によって胃に運ばれた後、胃の中でドロドロにされて、その後は十二指腸に運搬されて膵液や胆汁などによってさらに消化される、という流れをとるので、ぜひ覚えておきましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

胃(11)