潰瘍性大腸炎で手術しなければいけない場合は?どんな手術法がある?

2018/11/27

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

腹痛や下痢が続き、出血を伴うおそれもある「潰瘍性大腸炎」は、重症化すると発熱や体重減少などさまざまな不調を引き起こします。日本では人口10万人あたり100人ほどの患者数がいる病気ですが、治療にはどのような方法があるのでしょう。

潰瘍性大腸炎で手術が必要になるのはどんなとき?

潰瘍性大腸炎は食べものの消化に携わる大腸の粘膜に、びらん(粘膜の欠損、ただれなど)や潰瘍ができる炎症性疾患で、厚生労働省が指定する特定疾患のひとつです。原因は解明されておらず、完治を叶える治療法はまだありません。しかし炎症を抑える治療法はあり、患者さんは医師と相談のうえ治療法を選択し症状をコントロールしていきます。

治療は内科での薬物療法から始まりますが、重症の場合や薬の効果があまりみられないと手術が必要となります。

手術が必要になるのはこんなとき

  • 症状が重症である
  • 薬物療法の効果が認められない
  • 薬物療法の副作用が重い
  • 患部に大出血がみられる
  • 合併症を発生している
  • がんの疑いがある

潰瘍性大腸炎にはどんな手術法があるの?

手術療法では大腸の摘出を行うことが一般的です。手術の課題は肛門機能(排便方法)をいかにして残すか、患者さんのQOL(クオリティ・オブ・ライフ)をどのような方法で守るかという点にあります。症状の程度、患者さんの体力、ライフスタイルなどを総合的に判断して手術を検討します。

潰瘍性大腸炎の手術

大腸摘出
大腸を全摘出します。一部だけを切除する術式がとられることもありましたが、残した部位の経過が悪くなるケースが多く、全摘出を選択する治療が増えてきました。
回腸嚢肛門吻合
大腸を摘出したあと、小腸と肛門をつなぎ合わせます。小腸のうち回腸の部分を使って便をためる袋(回腸嚢)を作り、その袋と肛門をつなげて排便の通り道とします。比較的、術後に健康な人と同様の生活を送ることが可能になると期待されています。
人工肛門
腸をおなかにひっぱり出し、縫いつけます。便はおなかに縫いつけられた腸から排出するようになります。人工肛門は閉じることもできます。
腹腔鏡手術
カメラ(腹腔鏡)を腹部に挿入し、手術を行います。切開手術と比較して体への負担が少ないことがメリットですが、手術できる範囲が限られているなどデメリットもあります。

手術後の生活はどうなる?

手術をしてから日常生活に戻るまでは一定の時間を要します。まず術後一週間は絶食となります。手術をした箇所の状態を確認しながら様子をみて、問題がないようなら食事を開始します。ただし食事量の回復は流動食から始め、少しずつ量を増やします。

術後の食事回復の流れ

  1. 絶食(術後の一週間)
  2. 3分粥(米の20倍の量の水で炊いた粥)
  3. 5分粥(米の10倍の量の水で炊いた粥)
  4. 全粥
  5. 通常食

全粥で問題がなければ退院となり、食事は通常食を開始します。順調に経過が進めば、2週間ほどで退院となります。退院後2~4週間の間に職場復帰される患者さんが多いです。

また、大腸の機能が失われているため、治療前後で排便の方法が変わります。術後は手術で作った回腸嚢で便を排出する場合、排便回数が増えたりまれに便のもれがみられます。このため、排便が一日に5~7回になる人も少なくありません。

人工肛門が一時的なものなら、傷口の回復などをみて人工肛門を外すケースがあります。症状や体調によって術後の経過は変わりますので、不安なことがあったら医師に相談しましょう。

また潰瘍性大腸炎の手術では、合併症が起こる可能性があります。代表的な合併症の例を紹介します。

術後の合併症例

  • 感染症(手術部位からの感染など)
  • 腸閉塞(手術が必要となる場合があります)
  • 縫合不全(再手術や人工肛門が検討されます)
  • 回腸嚢炎
  • 痔ろう
  • 出血

おわりに:潰瘍性大腸炎は難治性の病気。手術はQOLに深くかかわります

潰瘍性大腸炎の治療は、まずは薬物療法からスタートします。ただし症状の程度によっては手術が必要です。手術は大腸を摘出するものであり、体やライフスタイルへの影響は小さくありません。ご自身のこれからの人生のためにも、医師としっかり相談し、適切な治療方法を選択してください。

この記事に含まれるキーワード

潰瘍性大腸炎(23) 腹腔鏡手術(10) 人工肛門(3) 潰瘍性大腸炎の手術(1) 大腸摘出(1) 回腸嚢肛門吻合(1)