くも膜下出血が再発することはある?予防するには何をすればいいの?

2019/1/23

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

「突然バットで殴られたような激しい頭痛」とも表されるくも膜下出血。このくも膜下出血が再発することはあるのでしょうか?再発の予防法と併せて解説します。

くも膜下出血を発症する原因は?

くも膜下出血とは脳卒中の一種であり、脳の周りの空間、くも膜と軟膜の間にあるくも膜下腔に出血が起こった状態のことをいいます。

くも膜下腔は、脳を保護する役割を担う脳脊髄液に満たされており、くも膜下腔にも脳を栄養する血管が走行しています。そのためくも膜下出血が起こって、血液がくも膜下腔に流入してしまうと、髄膜が刺激されたり頭蓋内圧が急上昇して頭痛や吐き気、意識障害といったさまざまな症状を引き起こします。

くも膜下出血が起こる原因は、外傷性と非外傷性(突発性)に分類されます。

外傷性の場合は、外傷による脳挫傷からくも膜下出血に陥ることが多いです。一方の非外傷性はそのほとんどが脳動脈瘤の破裂です。

脳動脈瘤には嚢状動脈瘤と解離性動脈瘤があります。嚢状動脈瘤は特に袋が柔らかいことから、血圧上昇などによって容易に破裂する可能性があります。

また、非外傷性(突発性)のくも膜下出血を引き起こす危険因子としては過度な飲酒、喫煙習慣、高血圧が挙げられます。

くも膜下出血は発症すると死に至る可能性が非常に高い病気であり、出血の程度にもよるものの、動脈瘤の初回破裂によってくも膜下出血となった場合は約30%が死に至るともいわれています。

すぐに対処しないと再破裂する恐れが!

脳動脈瘤が破裂し、くも膜下出血を起こしたときの症状は誰かに殴られたような、バットで殴られたようなとも表現される突然の激しい頭痛、吐き気や嘔吐、意識障害です。

これらのほかにも項部硬直という首のあたりの筋肉が硬くなるという症状や血圧の上昇、手足の麻痺が起こることもあります。また、出血が少量であった場合には頭痛は一過性のものとなり、吐き気や嘔吐、めまいなどが主症状となります。

逆に出血量が多く、頭蓋内圧が亢進して脳が圧迫されてしまうと脳ヘルニアという状態になり、呼吸停止や瞳孔散大といった生命に危険を及ぼす症状が見られます。

脳動脈瘤の破裂によるくも膜下出血は、すぐに処置を受けないと24時間以内に再破裂する恐れがあります。再破裂をすると生存率は低下し、再出血を起こした場合の死亡率は約50%、再々出血後の死亡率は約80%以上といわれています。

くも膜下出血はどうやって治療する?

くも膜下出血の治療は一般的に再出血予防の目的で手術が行われます。手術は外科治療と血管内治療に分類され、外科的治療として開頭クリッピング術、血管内治療としてコイル塞栓術があります。

開頭クリッピング術とは頭皮を切開して頭蓋骨の一部を取り外し、くも膜下腔を経由して脳動脈瘤に到達させ、動脈瘤にネッククリップをかけて出血を止めるという方法です。また、動脈瘤の位置からクリップを掛けることが困難である場合にはラッピング術という脳動脈瘤の壁を補強する方法を行うこともあります。

コイル塞栓術とは太ももの付け根から動脈にマイクロカテーテルを入れ、血管の中から動脈瘤に到達させ、動脈瘤にプラチナ製コイルを充填させるものです。コイル塞栓術は局所麻酔でも行うことができ、クリッピングをすることが困難な奥の動脈瘤に対しても治療可能ですが、動脈瘤の形がくびれていないとうまくコイルをつめることができません。

外科手術にて再破裂を予防したら、血圧のコントロール及び頭蓋内圧の管理を薬剤を使用して行います。

治療後に再発する可能性はある?

脳動脈の治療が成功したとしても、再び脳動脈瘤ができる可能性はあります。
また、手術は最善を尽くして行っているもののコイルの位置がずれてしまった、クリップの止める位置が甘かったなどの理由によって血液が動脈瘤に流入して破裂を起こす可能性も否定できません。

その場合は再び手術をしてクリップをかけなおしたり、コイルを追加で詰めたりと状況に応じた治療が必要となります。このことから、手術後も慎重に経過を観察していくことが必要となります。

くも膜下出血の再発を予防するには?

くも膜下出血の再発予防には生活習慣の改善がかかせません。

特に食生活は意識して見直すことが必要です。塩分の摂りすぎに気をつけ、血圧が上がらないようにしましょう。

また、アルコールも過剰に摂取してしまえばくも膜下出血を引き起こす因子となります。アルコールの量も自制する必要があります。また、喫煙も脳動脈瘤を破裂させるリスクがあるため、禁煙を心がけましょう。

おわりに:くも膜下出血は再発する可能性もある!日常生活の見直しが重要

くも膜下出血は脳動脈瘤が破裂し、くも膜に血液が流入することによって頭痛や吐き気、意識障害を引き起こす病気です。くも膜下出血の手術はあくまで再出血の予防であり、くも膜下出血そのものを改善するための治療ではありません。そのため、治療に成功したとしても再出血を起こす可能性は十分にあります。日常生活では食生活を見直したりお酒やたばこを自粛するなどして、血圧を上昇させないように気をつけましょう。

この記事に含まれるキーワード

くも膜下出血(35) 脳挫傷(8) くも膜下出血の再発(2) くも膜下出血の予防(1)