脳梗塞の後遺症のひとつ、高次脳機能障害を改善するためにできること

2019/2/4

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

脳梗塞は、脳血管疾患の中でも特に多い病気として知られており、近年、その患者数は増加傾向にあります。ここでは脳梗塞による後遺症やリハビリテーションを解説します。
脳梗塞の患者さんやその家族の方は、悩みの解決のためにぜひ役立ててください。

脳梗塞を引き起こす原因は?

脳梗塞とは脳の血管が詰まってしまい、十分に酸素や栄養素を供給できなくなる病気です。脳内に酸素などが行き届かなくなると、その部分の細胞は死んでしまいます。そんな脳梗塞の原因には大きく「脳血栓症」と「心房細動」があるので、一つずつ確認しましょう。

動脈硬化によって起きる「脳血栓症」って?

脳血栓症とは、主に動脈硬化が原因で脳の血管が狭くなり、そこに血栓(血の塊)ができることで脳内の血管が詰まってしまうタイプです。脳血栓症には二つの種類があります。

ラクナ梗塞
脳内の細い血管が詰まることで起こるタイプ(小梗塞)
アテローム血栓性梗塞
脳内の太い血管が詰まることで起こるタイプ(中梗塞)

脳梗塞の種類別の頻度を確認すると、ラクナ梗塞は約29%、アテローム血栓性梗塞は約31%となっています。なお、近年は「アテローム血栓性梗塞」の割合が増えてきています

心房細動によって起きる「心原性脳梗塞症」って?

心原性脳梗塞症とは、心臓内の血管でできた血栓(血の塊)が脳内の血管に流れこみ、それによって脳内の血管が詰まってしまうタイプです。主な原因は「心房細動」とされており、一般的に大梗塞を起こす傾向にあります。心原性脳梗塞症の発生頻度は約26%ですが、最近は増加傾向にあるので注意が必要です

脳梗塞はどうやって治す?

脳梗塞と診断を受けた場合は、すぐに適切な治療を受けることが重要です。具体的な治療法には以下のようなものがあり、患者さんの病状などに合わせて治療を行います。

経静脈血栓溶解療法
点滴により「t-PA薬剤(血栓を溶かす薬)」を投与する
動脈内血栓溶解療法
血管にカテーテルを入れて「血栓を溶かす薬剤」を注入する
血管内治療
血管にカテーテルを挿入し、血栓を絡め取ったり、吸い取ったりする
抗血栓療法
血栓を予防するために、抗血小板薬や抗凝固薬を使用する

このうち現在、最も有効とされている治療法は「経静脈血栓溶解療法」です。ただし、この治療法は発症より4.5時間以内の患者さんにしか使用できません。そのため、脳梗塞の疑いがあればすぐに医療機関を受診し、適切な検査・治療を受けることが重要なのです。

治療しても後遺症が残る可能性があるって本当?

脳梗塞によって脳細胞が死んでしまうと、その脳細胞は再生しないので、脳の機能を失うことになります。特に、発症初期に重い症状が出ている場合は、後遺症が現れる可能性が高いです。その後遺症は「脳のどの部分に障害が出たか」によって異なり、たとえば、運動障害、感覚障害、言語障害、高次脳機能障害などが現れます。

運動障害
手足のコントロールが利かない。片麻痺や半身麻痺などが起こる
感覚障害
手足がしびれる。温度や触れた感覚などが鈍くなる
言語障害
言葉を理解できない。話ができなかったり、文字が書けなかったりする

これらの他に「高次脳機能障害」というものもあります。高次脳機能障害には、さらに記憶障害、注意障害、遂行機能障害、社会的行動障害などの種類があり、いずれの場合も生活に支障を来たす可能性が高いです。高次脳機能障害を含め、脳梗塞によって後遺症が現れた場合は、しっかりとリハビリテーションを受けて回復を目指すことになります。

高次脳機能障害の症状を改善するには

高次脳機能障害を発症した場合は、患者さんに合わせたリハビリテーションを行います。あくまでも一例ではありますが、以下に症状ごとのリハビリテーション内容を紹介します。

記憶障害(約束を忘れるなど)
日々のスケジュールを記録するように習慣付けを行う
注意障害(集中力がないなど)
仕事量を減らして、十分に休憩を取るようにする
遂行機能障害(段取りが悪いなど)
作業内容を書き出して、その内容通りに行動する
社会的行動障害(突然怒りだすなど)
感情の原因を考え、それを取り除くようにする

このように患者さんに合ったリハビリテーションを行うことで、高次脳機能障害による支障を軽減できるように目指していきます。その際、なるべく早期にリハビリを始めるのが良いとされています。ただし、すべての患者さんにリハビリの効果が出るわけではありません。

おわりに:リハビリにはご家族の方の協力がとても大切です!

実際のリハビリテーションでは医師、作業療法士、言語聴覚士、臨床心理士などの医療従事者だけでなく、ご家族の方や周囲の方の理解・協力も必要になります。もちろん患者さんの努力も大切ですが、周りの方もしっかりとサポートをしてあげましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

心房細動(20) 高次脳機能障害(13) 脳血栓症(5) 脳梗塞の後遺症(1) 心原性脳梗塞症(1)