肺がんの初期症状ってどんな特徴があるの?

2019/2/6

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

ひどい咳や息苦しくなると「風邪かな…」で片付けてしまいがちです。でも、こうした症状が長引くと、肺がんを始めとする別の病気の可能性も出てきます。この記事では、肺がんの初期症状の特徴とともに、疑わしい場合の検査方法について解説します。

肺がんとは

肺がんは、肺に悪性腫瘍ができる病気です。タバコを吸う人の病気というイメージがありますが、タバコを吸わない人でも肺がんになる可能性はあります。2017年の調査によると、国内でがんで亡くなった人は約37万人です。そのうち、肺がんで亡くなった人は男性で約5万3000人で死因の第1位、女性では約2万1000人で死因の第2位となっています。

最初にできたがんを原発性といいます。たとえば、肺が元になった場合は原発性肺がんと呼びます。一方で、原発性がんの細胞が他の臓器に移動して、他の臓器で増殖したものを転移性といいます。肺がんは、脳や肺、骨、肝臓といった他の臓器や、肺の近くのリンパ節に転移することがあります。

肺がんは顕微鏡での観察から、小細胞肺がんと、非小細胞肺がんの2つに分類されます。小細胞肺がんは、特にタバコとの関連が強く、早い段階から他の臓器に転移をしやすいとされます。発見されてから1~2カ月で亡くなることもあります。進行度にもよりますが、手術が難しいことも多く、その際は化学療法が治療の中心となります。一方で、非小細胞肺がんでは、手術での治療が標準的となります。

肺がんの初期症状ってどんなもの?

肺は呼吸に関わる臓器です。肺がんによって肺の機能に影響が出始めると、次のような症状があらわれます。

  • 呼吸困難
  • 息切れ
  • 息苦しさ
  • 痰の増加や血痰
  • 胸の痛み
  • 体重減少  ほか

いずれも風邪症状やタバコの煙によって起こっていると見過ごされやすい症状です。しかし、症状がなかなか治らずに継続する場合には、病院で検査を受けることがすすめられます。また、自覚症状はなくても、検診や人間ドックで行われる胸部レントゲン検査で異常を指摘されることがあります。先延ばしにせず早めに受診しましょう。

もしかして肺がんかも…と思ったらどうすればいい?

風邪の症状と思われやすい咳ですが、長く続く場合には、肺がんを含めた別の疾患が疑われます。原因を探るためには、次のような検査を行っていきます。画像から異常が起きた場所や形を判断し、さらに細胞を採って顕微鏡で確認することで確定診断が行われます。

X線(レントゲン)検査
検診や人間ドックでも行われます。胸部のレントゲン画像から、肺に影がないかどうかなどを調べます。
CT検査
X線を用いて胸部を詳細に撮影します。胸部を輪切りにした画像が確認できるため、通常の胸部レントゲン検査よりも小さな異常も発見しやすくなります。また、データを使って立体化することもできます。肺にできた影の大きさや形、部位を調べます。
喀痰細胞診
痰に混ざっているがん細胞を調べます。数回行うことが必要です。
血液検査(腫瘍マーカー、がんマーカー)
これまでの研究で、がんが作り出す特殊な物質がいくつか判明しています。血液中の物質を測定してがんの性質を測ろうとするものですが、現段階では、この検査の結果だけではがんの有無を判断できません
気管支鏡検査
口から内視鏡を入れて、気管支の内側を確認します。また、がんが疑われる組織を採取して、顕微鏡でがん細胞の有無を調べます。
経皮針生検
レントゲンやCTで確認しながら、皮膚側から針を指して組織を採取します。その後、顕微鏡でがん細胞の有無を調べます。気管支鏡検査よりも、小さな病変を採取できます。
遺伝子検査
採取したがん細胞から、遺伝子検査を行います。特定の遺伝子に効果のある薬が使える可能性を探ります。

おわりに:初期は無症状のことも多いので定期検査が重要に!気になる症状があるときはすぐに病院で検査を

肺がんは、初期にはあまり自覚症状が目立たず、あらわれる症状も咳や痰といった風邪やタバコの煙の影響とされやすいものがあります。検診や人間ドックで異常が見つかって初めて受診する人もいるでしょう。

しかし、2017年の調査では、がんで亡くなった人のうち、肺がんの数は男性で1位、女性でも2位と共に多くなっています。検診は定期的に受けるとともに、気になる症状が続くときには医療機関を受診してみましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

タバコ(62) 肺がん(18) レントゲン検査(3) CT検査(9) 気管支鏡検査(2) 喀痰細胞診(2) 肺がんの初期症状(2)