感染性心内膜炎

2017/4/17

三上 貴浩 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 医学博士

三上 貴浩 先生

概要

感染性心内膜炎(IE)は、心臓弁および内層(心内膜と呼ばれる)の感染です。 皮膚、口、腸または尿路の細菌が(歯科治療および医療処置中に)血流に入り、心臓に感染すると起こります。

症状

感染性心内膜炎は誰でも起こりうるものですが、すでに心臓弁に問題がある人、人工弁または心臓の欠陥がある人は、起こりうる可能性が最も高いです。心雑音があると、感染性心内膜炎を発症するリスクが増えます。

歯科治療や医療処置におけるリスク

先天性心疾患や弁膜症がある場合、歯科治療(専門的な歯のクリーニングを含む)と医療処置(大腸内視鏡検査、膀胱鏡検査、S状結腸鏡検査など)は、細菌が血中に侵入するリスクを高める可能性があります。

診断

発熱、悪寒および他のインフルエンザ様症状が、感染性心内膜炎の徴候と考えられます。 他の症状としては、原因不明の体重減少や衰弱があります。 医師は、聴診器で異常な心音が聞こえる場合は、感染性心内膜炎を疑い、血液検査や心エコー検査(超音波を使用して心臓を見る)など、より多くの検査を実施します。

治療

感染性心内膜炎は抗生物質で治療されます。抗生物質は通常、病院で静脈内投与にて開始されますが、多くは自宅で治療を終えることができます。しかし、より複雑な感染症の場合、心臓手術が必要になることがあります。

合併症

一度感染すると、心臓は以前と同じように血液を送り出すことができません。 これは心不全と呼ばれます。 他の問題として、不整脈、心筋への損傷および血栓が含まれます。 感染性心内膜炎が治療されない場合、死に至る可能性があります。

予防

先天性心疾患や弁膜症がある場合は、必ず医師または歯科医師に知らせてください。
感染性心内膜炎のリスクを高める歯のクリーニングや医療処置を受ける予定がある場合は、事前に抗生物質の使用が必要な場合があります。
抗生物質は、血流に細菌が生存するのを防ぎます。歯科または外科処置の前に抗生物質が必要かどうか医師に確認してください。

医師に相談するための質問

・感染性心内膜炎にかかる危険性はありますか?
・心臓に問題があります。医療従事者と歯科医には何を説明すればいいですか?
・抗生物質を服用する必要がありますか? どのように服用すべきですか?
・抗生物質は現在服用している他の薬と相互作用しますか?
・感染性心内膜炎は、他の健康リスクを増加させますか?

この記事に含まれるキーワード

抗生物質(68) 感染性心内膜炎(4) 心臓弁(1) 人工弁(1) 静脈内投与(1) 歯科治療(1) 医療処置(1)