メッケル憩室

2017/4/17

三上 貴浩 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 医学博士

三上 貴浩 先生

概要

メッケル憩室は、小腸下部(腸)の壁の小さな袋で、通常は出生時に存在します。 正常な腸にはこの袋がありませんが約2%の人に起こります。

症状

メッケル憩室を有するほとんどの人は、症状はありませんが、25人のうち約1人が問題を抱えます。年齢によって異なりますが、乳児や小児では、通常、直腸からの出血が症状としてあらわれます。ときどき血液が便に見られることがあります。
成人では、腸が詰まることがあり(イレウス)、胃の痛みや嘔吐があるかもしれません。 他の症状には、発熱、便秘および腹部膨隆があります。

診断

不快な症状を発症しない限り、メッケル憩室を検査する必要はありません。 メッケル憩室が問題を引き起こすとき、それは通常、メッケルスキャンと呼ばれる検査によって発見できます。 この検査では、医師は特別なカメラでしか見られない液体を体内に注入し、物質は症状を呈する憩室の周りに集まり、診断が下されます。

治療

メッケル憩室があっても問題ない人は治療を必要としません。
症状のある人の治療には、憩室を除去して腸を修復する手術があります。

医師に相談するための質問

・メッケル憩室の原因は何ですか? 憩室を持って生まれましたか?
・メッケル憩室の症状を和らげるライフスタイルの変更方法はありますか?
・メッケル憩室手術を受ける必要がありますか? 他のオプションはありますか?
・メッケル憩室の症状を緩和する薬はありますか?
・子供はメッケル憩室のリスクにさらされていますか?

この記事に含まれるキーワード

嘔吐(89) 胃痛(34) メッケル憩室(1) イレウス(6) メッケルスキャン(1)