アスペルガー症候群

2017/3/15

三上 貴浩 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 医学博士

三上 貴浩 先生

概要

アスペルガー症候群は、自閉症スペクトラム症(autism spectrum disorder:ASD)の一部です。 これは軽度の自閉症であると考えられる発達障害である。 自閉症は脳の発達障害であり、コミュニケーションや行動の問題を引き起こします。

アスペルガー症候群と診断された人々は、通常、知能が高く、発語の遅延がありません。 しかし、他者とは違うように遊び、学び、話し、行動する傾向があります。

症状

子供は早い時期にアスペルガー症候群の徴候を示すように見えるかもしれません。 子供がアスペルガー症候群を有する可能性がある兆候には、次のようなものがあります。

  • 単一の興味に執着する
  • 繰り返しとルーチンを異常に好む(そして変化にうまく対応できない)
  • 遊びや会話において社会的手掛かりを欠いている
  • 友達や大人と視線を合わせない
  • 抽象的思考を理解できない

子供が、ごっこ遊びができなかったり、抱かれたり触れたりするのをいやがる場合や、音、匂い、または味に異常な反応を示す場合があります。 こうしたことを通じて、子供の医者、教師、そして親として気づくでしょう。

子供のコミュニケーションや社会的スキルが適切に発達していないと思われる場合は、医師に相談してください。 医師は発達の専門家に紹介するかもしれません。

原因

アスペルガー症候群の原因となる特定のものはありません。 しかし、研究によると、妊娠中および出産後のある種の要因が、子どものアスペルガー症候群と診断されるリスクを高める可能性があることを示唆しています。 これらの要因には、次のものがあります

  • 遺伝子
  • 染色体異常(脆弱X症候群など)
  • 母親が妊娠中に服用した処方薬(発作や気分障害緩和のためのバルプロ酸、不安緩和のためのサリドマイドなど)
  • 高齢の両親から生まれた

アスペルガー症候群と診断されるのは女児よりも男児が多いようです。

診断

アスペルガー症候群は過去20年間注目を集めてきています。 より多くの知識と情報の集積により、医師は18ヵ月齢の小児のアスペルガー症候群を診断することができるようになりました。

アスペルガー症候群を診断するための血液検査または画像検査は存在しません。 医師は、子供の行動や発達を、同年代の子供たちに対するマイルストーンチェックリストと比較します。

予防

アスペルガー症候群の原因は不明であるため、予防または回避する方法はありません。

治療

早期の定期的な治療は、アスペルガー症候群に関連する症状に子供が対処するのに役立ちます。 それにより大人になったときの生活を準備することもできます。 治療には、通常、スピーチ、身体、作業、および認知行動療法(CBT)が含まれる。

治療チームはどのくらいの頻度で子供を治療する必要があるかを決めます。 治療セッションは次のようになります。

  • 社会的スキルと言語療法:患者である子供はよく話すかもしれません。しかし、重要な会話のスキルを習得する必要があるかもしれません。 習得するスキルでは、順番に話すことを学んだり、自分が話している人と目を合わせたり、人の話し合いに興味を示したり、ひとつの話題に執着せずにさまざまな話題を話し合うことを学びます。 セラピストは、順番や規則を守ること、他の人の気持ちに対処するための学習をするなど、適切な遊びにおけるスキルを教えるかもしれません。
  • 理学療法:アスペルガー症候群と診断された人々の中は、不器用に見えることがあります。理学療法士は、体幹を鍛える手伝いをします。 これは、走ったり、ジャンプしたり、自転車のペダル漕ぎ、階段を上ったり下ったり、その他の身体的な動きの活動に役立ちます。
  • 作業療法:作業療法士は、アスペルガー症候群を持つ人が繊細な運動技能(手を使わなければならないもの)をつけるための手助けをします。彼らはまた子供が感覚の問題に対処するのに役立ちます。 アスペルガー症候群と診断された人は、特定の感覚に敏感である可能性があります。 これには、騒音、触覚、嗅覚、または視覚刺激が含まれます。 粘土、チョーク、砂、水などの特定の材料を含んでいる可能性があります。 それは、異なる種類や食感の食物を食べることに関連する感覚の問題もあります。 子供のセラピストは手と目の協調の改善に取り組み、子供に適切な栄養をとるように教えます。 子供が小学校にあがる前に、作業療法士が書くための手の力を鍛えます。 子供が小学校に入学後は、セラピストは手書きのスキルを身につけるのを手助けします。
  • 認知行動療法:認知行動療法(CBT)は、アスペルガー症候群の人々に、社会的に行動し、自らの感情に対処する方法を教えます。衝動、恐怖、不安、強迫観念、中断、かんしゃくの制御などの重要なスキルを教えています。 それは必要に応じて、患者すべてでそれぞれ違ってきます。
  • 医薬品:アスペルガー症候群の治療薬はありません。ほとんどの医薬品は、アスペルガー症候群に関連する不安、うつ病、または集中できないことに対して治療します。 不安とうつ病のために一般に処方される医薬には、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)、抗精神病薬、および覚醒剤が含まれます。

子供の初期の社会性およびコミュニケーションの遅れについて無視しないでください。 アスペルガー症候群の行動は治療なしでは改善されません。 子供の学年があがるにつれて、必要性に応じて治療法が変わることがあります。 もっとも重要なことは、セラピストに自宅でセラピーを行う方法を尋ねることです。 学校や家庭での治療法が同じであるときに子供には最も効果がでます。

治療は一回限りではありません。 反復治療は、子供が望ましい行動を起こすのを助けます。 子供の望ましくない行動に対して罰を与えるべきではありません。 代わりに、セラピストは適切な行動を促すために、インセンティブとごほうび(子供に多くの自由時間、健康的なおやつ、または大事なものを与える)を用意します。

アスペルガー症候群と診断されたら

子供がアスペルガー症候群と診断された場合、子供との関係を築くことには練習と努力を必要とします。 アスペルガー症候群と診断された人は、適切な感情を(またはどんな感情も)表さないかもしれないし、冗談、抽象的な概念、または会話の微妙な点を理解しないかもしれません。 友達は彼らの行動を風変わりと感じるかもしれません。

アスペルガー症候群は治癒することはできませんが、治療が役立ちます。 アスペルガー症候群である子供は、学校生活および大人になってから社会で成功することができるのです。 実際、多くの雇用主は、アスペルガー症候群の人々の仕事に対する集中力と注意力が高いといっています。 アスペルガー症候群と診断された成人は、適切な個人的行動および職場における行動を習得するために、治療またはカウンセリングが引き続き必要となる可能性がある。

医師に質問すべき事項

  • 子供が大きくなったときにアスペルガー症候群であることを伝えるべきですか?
  • アスペルガー症候群は暴力的または自傷行為と関連していますか?
  • アスペルガー症候群の子供を育てるというストレスにどのように対処することができますか?

この記事に含まれるキーワード

発達障害(18) 認知行動療法(31) ASD(8) アスペルガー症候群(11) 自閉症スペクトラム症(1)