摂食障害

2017/3/15

三上 貴浩 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 医学博士

三上 貴浩 先生

概要

摂食障害は、人の健康をを損なうような食物や体重への偏執状態です。私たちは体重について心配していますが、摂食障害のある人は体重を増やさないために極端に心配になります。
2つの主な摂食障害には神経性食欲不振および過食症があります。

食欲不振とは?

神経性食欲不振症は、通常10代の少女に発生する病気ですが、10代の少年や成人の女性や男性にも起こります。食欲不振の人々は、痩せていることに心配です。彼らは食べたくないし、体重が増えることを恐れています。絶えず食べるカロリーの量や食事中の脂肪量を常に心配しているかもしれません。
体重を減らすためにダイエット錠、緩下薬または利尿薬を服用することがあります。運動しすぎるかもしれません。
食欲不振の人は、非常に痩せているのに脂肪が多いと思っています。病気のように見えるほど痩せていることがあります。食欲不振は食物や体重の問題だけではありません。感情的な問題に対処するために食べ物や体重をコントロールする行動です。

過食症とは?

過食症は一度にたくさんの食べ物を食べます(気晴らし食いと呼ばれています)。そして、吐き気や下痢を使って体内から食物を取り除きます(浄化行動と呼ばれます)。過食の後、ある過食症は絶食(食べないで)または過度運動をして体重を増やさないようにします。過食症を患っている人は、体重を「制御する」ために、利尿薬、下剤またはダイエット錠を使用することがあります。過食症を抱えている人は、しばしば気晴らし食いと浄化行動を隠そうとします。食べ物を隠すかもしれません。また、過食症を患っている人は、一般に、通常体重に近いですが、体重が増減する可能性があります。

食欲不振の徴候

・体重減少による意図的自己飢餓
・体重増加の恐れ
・食事の拒否
・飢えの否定
・だぶだぶの服を着る
・一定の運動をしない
・体や顔の毛量が多い
・冷たい温度に対して敏感
・少女や女性の生理不順
・頭皮の喪失
・実際はやせているのに脂肪があるという自己認識

原因

原因は正確にわかりません。考えられる原因には、生活の中で何かを強調したり、気分を悪くしたり、コントロールする必要があると感じることが含まれます。社会はまた、人々が痩せるように多くのプレッシャーを与えます。このプレシャーも寄与します。

食欲不振の原因

一部の人々が食欲不振になる理由は知られていません。食欲不振の人は、痩せればもっと幸せで成功すると信じているかもしれません。
自分の人生のすべてが完璧であることを望んでいます。この障害を持つ人は、優等生です。多くの学校や地域活動に携わっています。完璧な成績を取れなかったり、人生の他のものが完璧でない場合、自分自身を責めます。

治療

食欲不振の人にとって、最初のステップは正常な体重に戻すことです。
栄養失調や非常に痩せている場合は、病院に入院する必要性があります。
医師は、健康な食べ物を選び、定期的に食べる方法を学ぶために栄養士に診てもらいたいと思うでしょう。食欲不振と過食症の両方の人にとって、家族や個人のカウンセリング(人生における体重や問題に関するあなたの気持ちを話すこと)が役に立ちます。

食欲不振の治療

食欲不振の治療は困難です。
なぜなら、食欲不振の人は何も問題がないと信じているからです。
食欲不振の初期段階(6ヶ月以内またはわずかな体重減少)の患者は、入院することなく首尾よく治療することができます。しかし、治療を成功させるためには、患者は変わりたいと思い、家族や友人が彼らを助ける必要があります。
より深刻な食欲不振を有する人々は、通常、食欲不振および過食症を有する人々のための特別な部署において、病院でケアを必要とします。
治療は食習慣を変えるだけではありません。食欲不振の患者は、1年以上カウンセリングを必要とすることが多く、食事の問題を引き起こしている感情を変えることができます。これらの気持ちは、自分の体重、家族の問題、自尊心の問題などが考えられます。食欲不振の患者の中には、うつを緩和する薬を飲むことによって改善する人もいます。
これらの薬は医師によって処方され、カウンセリングとともに使用されます。

合併症

食べるものに注意を向けることと運動することは健康的です。不健康なことは、体重と食べものについて常に心配していることです。
摂食障害を持つ人々は、体重に執着しているため、体に有害な影響を与えます。
食欲不振・過食症の治療を受けていないと、次のような健康上の問題を引き起こす可能性があります。
・胃の問題
・心臓の問題
・生理不順
・顔を含む体全体のうぶげ
・乾燥した鱗片状の皮膚
・腎臓の問題
・歯の問題(胃酸を吐き出すことから)
・脱水(体内に十分な水分がない)

食欲不振の問題

食欲不振の女性はいつも冷えを感じることがあり、頻繁に病気になることがあります。食欲不振の人はしばしば気分が悪いです。集中しにくく、常に食べ物のことを考えています。食欲不振が決して空腹でないということは事実ではありません。実際、いつも空腹です。飢えを感じると、生活や体をコントロールする気分になります。それは何かをよくしているように感じさせ、体重を減らすことができます。重度の食欲不振を有する人々は、飢餓によって死亡する危険性があります。

関連知識

家族や友人の助けの必要性

食欲不振の人を助けるために家族や友人ができる最も重要なことは、彼らを愛することです。食欲不振を抱える人々は、自身の病気に関して安全、安心、落ち着きを感じます。最大の恐れは体重が増えることであり、体重増加が制御の喪失とみられることです。自身は、問題を抱えていることを否定するかもしれません。食欲不振の人々は、食べることと体重増加を避けるため、嘆願したり嘘をついたりし、病気の治療を諦めるようになります。

医師に相談するための質問

・どのような治療法が最適ですか?
・残りの人生のために治療を受けなければなりませんか?
・子供がより良くなるのを助けるために何ができますか?
・子供は摂食障害を抱えていますか?
・カウンセリングが必要ですか?
・なぜ摂食障害があるのですか?
・服用すべき薬はありますか?

この記事に含まれるキーワード

摂食障害(30) カウンセリング(21) 過食症(19) 神経性食欲不振(1) 気晴らし食い(1) 浄化行動(1)