憩室疾患

2017/3/16

三上 貴浩 先生

記事監修医師

東大医学部卒、医学博士

三上 貴浩 先生

概要

憩室は大腸の内面に発生します。 これは、消化管のどこにでも形成することができる小さな袋(憩室)によって引き起こされますが、通常は大腸の最後の部分(結腸と呼ばれます)に形成されます。
以下は憩室疾患の最も一般的なタイプです。
・憩室症
憩室症の人は大腸に袋があります。 憩室症を罹患しているほとんどの人は症状がなく、それがあることを知らないかもしれません。
・憩室炎
これは、袋が感染して炎症を起こした場合に発生します。 憩室炎の症状としては、重度の腹痛、発熱、悪心、便秘または下痢が挙げられます。 あまり一般的でない症状としては、嘔吐、排尿時痛、頻尿などがあります。 痛みはほとんどの場合、腹部の左下側にあります。 憩室炎の合併症には、腸閉塞および穿孔(せんこう;穴があくこと)が含まれます。
・憩室出血
憩室出血は、袋の隣の血管が破裂するときに起こります。 便やトイレに血液が出ることがあります。 直腸から血液が出た場合は、直ちに医師に相談してください。

原因

憩室疾患は男性と女性の両方にみられ、40歳以上の人に最も一般的です。 憩室疾患は、十分な繊維を食べないことによって引き起こされる可能性があります。 十分な繊維を食べていないとき、便秘になる可能性があり、便は柔らかくないかもしれません。 便秘や硬い便は腸壁の圧力を高めます。 この圧力は、憩室(袋)を形成させる可能性があります。

診断

医師は、腹部に圧痛がないかチェックし、排便習慣、食事や服用中の薬について質問するかもしれません。
また、憩室疾患をスクリーニングするためにいくつかの検査をするかもしれません。
時折、憩室疾患は、結腸直腸癌またはほかの消化器系疾患を検査する日常的なスクリーニングのような、異なる理由で検査をしたときに見出されます。
・バリウム注腸
この検査では、結腸をX線で表示する液体を浣腸(直腸内への液体の注入)します。
・軟性S状結腸鏡検査
この検査では、医師は端にある光がついた細くて軟らかい中空のチューブ(内視鏡という)を、直腸に挿入します。 チューブは小さなビデオカメラに接続されており、医師は直腸と結腸の最終部を見ることができます。
・大腸内視鏡検査
この検査を受ける前に、リラックスして眠気を感じる薬が与えられます。 ビデオカメラに接続された細くて軟らかいチューブを直腸に入れ、医師が結腸全体を見ることができます。 大腸内視鏡検査は不快な場合がありますが、通常は痛みは伴いません。
・CTスキャン
この検査は、医師が炎症や感染した消化管内の憩室を見ることができるX線の一種です。

治療

憩室症に対しては、医師は繊維を多く食べ、飲み物を十分に飲んで定期的に運動して憩室の感染や炎症を防ぐのに役立つよう提案するかもしれません。 軽度の憩室炎の場合、医師は抗生物質を処方するかもしれません。 また、将来の問題を防ぐために、繊維を多く食べ、飲み物をたくさん飲んで、定期的に運動することをすすめるでしょう。 憩室炎や憩室出血の重症例では、憩室や侵された結腸一部を取り除く手術が必要になることがあります。

予防

高繊維食が予防する最良の方法です。 食生活にもっと多くの果物、野菜、全粒食物を含めることによって、食べる繊維の量を増やすことができます。 また、十分な飲み物を飲んで定期的に運動してください。

医師に相談するための質問

・憩室疾患が悪化するのを防ぐためにどのようなライフスタイルの変更を加えることができますか?
・憩室疾患は大腸癌やその他の健康状態の徴候ですか?
・憩室疾患は結腸直腸癌のリスクを増加させますか?
・憩室疾患を治療する薬はありますか?
・憩室疾患の治療に手術が必要ですか? ほかのオプションはありますか?

この記事に含まれるキーワード

憩室疾患 大腸 憩室症 憩室炎 憩室出血