槌指(マレットフィンガー)

2017/3/16

三上 貴浩 先生

記事監修医師

東大医学部卒、医学博士

三上 貴浩 先生

概要

槌指(マレットフィンガー)は指先の負傷です。 スポーツでは一般的で、通常、(野球やバスケットボールなどで)ボールが指の端に当たったときに発生します。 小さな挫傷(骨折)と指の腱の損傷があります。

症状

指が痛く、腫れて、傷ついている可能性があります。 指先を伸ばせないかもしれません。

病院に行くタイミング

指が痛く腫れを伴うとき、または伸ばすのが困難な場合は、すぐに医師に相談してください。 治療が遅れると恒久的な損傷を引き起こすか、または怪我の回復が困難になることがあります。

治療

ほとんどの場合、医師は患部に氷をあてて腫れをおさえ、指にそえ木をあてるように指示します。 完治するまで指をあまり動かさないことが重要なため、そえ木で指を固定します。そえ木の交換を人に手伝ってもらう必要があるかもしれません。 怪我がより重篤な場合(たとえば、骨折している場合や関節が脱臼している場合)、手術が必要になることがあります。

いつスポーツをすべきか?

ほとんどの人は、指にそえ木をあてたままでスポーツができます。 そえ木なしで安全にスポーツができるようになったときに、医師が教えてくれます。

医師に質問するための事項

・最良の治療法は何ですか?そえ木をあてる必要がありますか?
・症状が緩和されるまでにどれくらいの期間が必要ですか?
・いつ、スポーツ(アクティビティ)を再開できますか?
・将来、このような怪我をしないようにするには?
・痛みや腫れが悪化したらどうすればいいですか?

この記事に含まれるキーワード

槌指(1) マレットフィンガー(1) 指(6) 挫傷(1)