ジアルジア症

2017/3/16

三上 貴浩 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 医学博士

三上 貴浩 先生

概要

ジアルジアは、人間の腸に潜む微小な寄生虫の名前です。この寄生虫が引き起こす病気は、ジアルジア症と呼ばれています。ジアルジア症の症状は、下痢、げっぷ、ガスおよび痙攣です。これらは非常に不快ですが、病気はさほど危険なものではありません。

原因

未処理の水を飲むと簡単にジアルジア症に感染します。多くの動物は糞便中にジアルジアを保有しており、この寄生虫を農村地域の川、水流、湧水に持ち込む可能性があります。一見きれいにみえる河川の水も感染しているかもしれません。また、下水道が洪水や漏出すると、水道水に感染することもあります。海外旅行の際、煮沸処理などをしていない飲料水(水道水)によってジアルジア症を発症することがあります。ジアルジア症は発症しない人もいますが、持った寄生虫を広めてしまう可能性があります。保育園などではオムツを交換した人が毎回手を洗うように気をつけなければ、ジアルジア症が広がることがあります。

診断

顕微鏡下で便を見ることによって、ジアルジア症を診断することができます。他の検査が必要な場合もあります。

治療

ジアルジア症は、通常、メトロニダゾールと呼ばれる薬で治療されます。通常5〜10日間、1日3回服用します。副作用として、口の中の金属味や吐き気などがあります。
メロニダゾールを服用する場合は、アルコールを飲まないでください。また、この薬は妊娠初期には服用しないでください。
5歳未満の子供はフラゾリドンで治療できます。これは液状で副作用が少ないものですが、生後1ヶ月未満の乳児には投与しないでください。ジアルジア症は容易に広がるため、家族で一緒に治療を受けましょう。
医師は薬が効いたことを確認するために、治療後に便を検査します。場合によっては、薬の服用を続けたり、完全な治癒のために別の薬を服用させることもあります。

予防

旅行中、またはキャンプに行った際は、飲み水に注意してください。家族がジアルジア症を発症した場合、他の家族、特に子供たちに伝染する可能性があります。キャンプでは、ボトルで売られている水または煮沸した水を飲んでください。1日に数回石鹸と水で手をよく洗ってください。旅行中は、煮沸していない水で歯を磨いたり、皿を洗ったりしないでください。生の果物や野菜の皮は食べる前に剥いて、加熱処理が不十分な食べ物は食べないでください。

医師に相談するための質問

・家族でキャンプに行きます。どのようにしてジアルジア症を予防できますか?
・ジアルジア症と思ったらどうすればいいですか?
・浄水器を使ってジアルジア症を予防できますか?
・ジアルジア症の症状は何ですか?
・ジルジア症を予防する薬はありますか?ジアルジア症のワクチンはありますか?
・ジルジア症を治療する薬は何ですか?副作用はありますか?

この記事に含まれるキーワード

寄生虫(17) ジアルジア症(1) メトロニダゾール(6) フラゾリドン(1)