オスグッド – シュラッター病

2017/3/17

三上 貴浩 先生

記事監修医師

東大医学部卒、医学博士

三上 貴浩 先生

概要

オズグッド・シュラッター病は、若いアスリートの膝の痛みの原因として最も一般的なもののひとつで、膝のすぐ下の脛骨の腫れ、痛みおよび圧痛を引き起こします。オズグッド・シュラッター病は、通常、十代のころに成長が激しかった少年によく起こります。 一方または両方の膝がこの病気にかかることがあります。

原因

医師は、大腿前部の大きな筋肉(大腿四頭筋)を引き上げることが、オズグッド・シュラッター病の原因であると考えています。 大腿四頭筋は、膝を通って脛骨に付着する膝蓋腱を介して、筋肉を膝に接続します。 大腿四頭筋が収縮すると、膝蓋腱が脛骨から引き抜かれて痛みを引き起こすことがあります。
走ったり、ジャンプしたり、ステップを上ったり下ったりする必要がある運動は、痛みを悪化させる可能性があります。オズグッド・シュラッター病は、サッカーやバスケットボールをしたり、体操やバレエをする若いアスリートがよくかかります。

診断

医師はお子さんを診察し、お子さんの症状について詳しく尋ねるでしょう。 痛みがほかの何かによって引き起こされていないことを確かめるために、膝のX線を撮るかもしれません。

治療

オズグッド・シュラッター病は通常、時間とともに消えていきます。 お子さんの成長が止まると、膝蓋の腱が非常に強くなるため、痛みや腫れが消えます。オズグッド・シュラッター病が、成長段階を超えて持続するのはまれです。
痛みは2~4カ月で消えますが、お子さんがスポーツをする時間を減らすよう指示されるかもしれません。深く膝を曲げる必要がある運動は避けたほうがよいでしょう。 また、走る速度を落とす、走る時間を短くする、あまり頻繁にジャンプしないようにする、といったことが必要になるかもしれません。

関連質問

子どもの痛みを和らげるためにできることは?

痛みのある部位に氷をあてるべきです。 氷は腫れを防ぎ、痛みを和らげるのに役立ちます。 氷をあてた後、お子さんの膝を弾力のある包帯で包んで、お子さんの足を持ち上げてください。
この4つの基本的な治療方法を思い出すための言葉は、「ライス」です。
R =(rest)
痛みを伴う活動から膝を休める
I =(ice)
患部に1日3回、1回につき20分間氷をあてる
C =(compress)
痛みを伴う部分を弾力性のある包帯で圧迫する
E =(elevate)
脚を上げる

これらの治療がうまくいかない場合は、膝蓋腱と大腿四頭筋の緊張を緩和する矯正具を着用することをお勧めします。 アセトアミノフェンやイブプロフェンなどを含む鎮痛剤は、痛みや腫れを緩和するのに役立ちます。完全に治るまでは松葉杖を使用する必要があります。最後の手段として、手術を提案されるかもしれません。

子どもの膝が良くなるのにかかる時間は?

痛みが完全に止まるには数週間から数カ月かかることがあります。 痛みが完全に消えたら、お子さんは以前のレベルの活動にゆっくりと戻せます。
医師に相談するための質問
・私の子どもの膝の痛みの原因は何ですか?
・最善の治療法は何ですか?
・スポーツに参加することは大丈夫ですか?
・どのような活動や動きを避けるべきですか?
・膝の痛みがなくなるまでにどれくらいの時間が必要ですか?
・膝の痛みが再発する可能性はありますか? それを防ぐためには自宅で何をすべきですか?

予防

大腿四頭筋とハムストリング筋を強くするために、いくつかの運動を自宅、あるいは理学療法士とともに行うよう指示されるかもしれません。 お子さんが治療している間は痛みや腫れを防ぐために、運動した後患部に氷をあてましょう。
ほとんどの人なら、オスグッド・シュラッター病は、少しの休息ですぐに自然に治ります。 お子さんが痛みを無視したり遊んだりすると、病気は悪化し、治療するのがさらに難しくなるかもしれません。

この記事に含まれるキーワード

オズグッド・シュラッター病 大腿四頭筋 オズグッド 膝蓋腱