月経前不快気分障害

2017/3/28

三上 貴浩 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 医学博士

三上 貴浩 先生

概要

月経前不快気分障害(以下、PMDDという)は、月経前症候群(PMS)と呼ばれる共通の問題の重大な形態です。

出産年齢の女性の約75%がPMSの問題を抱えています。 この年齢層の女性の約2〜10%がPMDDを有します。

症状

PMDDの症状は、人間関係や仕事の能力に影響を与える可能性があります。月経の10日から14日前(*)に以下の症状のいくつかがあり、月経が始まると症状が改善する場合は、PMDDであるかもしれません。
PMDDの診断を助けるために、かかりつけ医が症状をグラフ化するよう依頼するかもしれません(下記のサンプルチャートを参照)。
・悲しみと号泣
・気分が悪い、心配になる
・怒りや苛立ち
・特定の食品に対する強い欲求
・注意を払うことと集中することの不足
・疲労
・乳房の圧痛、頭痛、関節または筋肉の痛み、腫脹または浮腫などの身体的な問題
・睡眠のトラブル

毎日の症状レポート
各症状の重症度スコアリング
0  症状なし
1  最小かわずかに認められる
2  適度な症状の認識ではあるが、日常生活には影響しない
3  症状や症状によって連続的に悩まされる多くのものがあり、日常生活に支障をきたす
4  重度で、症状は重篤であり、日常生活を実行することができない

*  1日目は月経の初日です。

原因

PMDDの正確な原因は不明です。 月経に関連したホルモンの変化は、PMDDを引き起こす可能性があります。 ストレスに満ちた出来事やPMS、PMDDの家族歴はPMDDに罹患する機会を増やすかもしれません。 大うつ病はPMDDを有する女性に一般的です。 しかし、PMDDを有する女性のすべてが大うつ病になるわけではありません。

診断

医師は症状と月経周期との関係をチェックします。 また、症状チャートを数週間記入するかもしれません。
PMDDを診断できる検査はありません。

治療

医師は症状について質問し、別の治療法について話し合うでしょう。 軽度から中等度の症状の場合、医師は食事や生活習慣の変更を提案することがあります。
PMDDの症状や生活のストレスについてカウンセラーに相談することができます。 薬は重度の症状に役立ちます。

役に立つ薬

うつ病の治療に使用される特定の医薬品もPMDDを治療します。 選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)は、セロトニンと呼ばれる脳化学物質の効果を高めることによって役立ちます。

薬を飲む頻度

これらの薬のいくつかは、月経の10〜14日前に服用します。

これらの薬がうまくいかない場合

医師はほかの治療法を知っています。 あなたと話した後、医師は何かほかのことを試してみるかもしれません。

医師に相談するための質問

・PMDDやPMSはありますか?
・PMDDとPMSの違いは何ですか?
・どのような治療法が最適ですか?
・閉経まで薬を飲まなければなりませんか?
・うつ病もありますか?
・薬の副作用は何ですか?
・いつ薬を飲まなければならないのですか?
・自宅で自分自身を助ける方法はあるのですか?

この記事に含まれるキーワード

月経前不快気分障害(4) SSRI(12) セロトニン再取り込み阻害薬(2)