内耳炎

2017/3/17

三上 貴浩 先生

記事監修医師

東大医学部卒、医学博士

三上 貴浩 先生

概要

内耳炎は、内耳と呼ばれる耳の内側の一部を冒す病気です。 通常、内耳はバランスを保つのに役立ちます。 内耳炎によって腫れると内耳は正しく働かなくなるので、脳は正しいバランス信号を得られなくなります。 内耳炎にかかると、倒れているか回転しているような感覚になります。

症状

内耳炎の症状は、軽度から重度まであります。 朝目を覚ました直後に症状が現れることがありますし、また一日中どの時間でも、突然症状が出ることがあり得ます。 一般的な症状は次のとおりです。

・ふらふらするようなめまい
・回転しているような感覚(回転性めまいとも呼ばれる)
・目の痙攣(眼振とも呼ばれる)
・吐き気または嘔吐
・片耳の聴力損失
・耳中で鈴がなっているような幻聴(耳鳴り とも呼ばれる)

内耳炎の症状がある場合は、医師に相談してください。 より深刻な他の状態も同様の症状を引き起こす可能性があります。 38度以上の熱、気絶、けいれん、痙攣、麻痺、複視または重度の嘔吐を伴うめまいを経験する場合は、すぐに医療を受けてください。

原因

内耳炎を引き起こす内耳の腫脹は、多くはウイルスまたは細菌の感染が原因です。 例えば、インフルエンザや風邪などの上気道感染後に内耳炎を発症する人は多いです。

診断

問診の上、診察されます。 別の病気が内耳炎を引き起こしていないか確かめるためにいくつか検査を行うこともあります。

治療

腫脹を軽減するために、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDとも呼ばれる)が使用されることがあります。 これらには、イブプロフェンおよびナプロキセンが含まれます。

腫脹を軽減するもう1つの選択肢としてステロイド薬もあります。医師は吐き気や嘔吐、めまいを和らげるために薬を処方するかもしれませんが、治療をしなくても、迷走神経炎の症状は通常数週間後に消えます。

重度で制御不能な嘔吐がある場合は、脱水を防ぐために短期間入院する必要があります。

回復するために

おそらく少なくとも1週間から2週間は安静にする必要があります。 この間は、重機の運転、登山、運転などの活動は避けてください。 これらの活動中に突然めまいに襲われると危険です。 回復するためのヒントは、次のとおりです。

・急な動き、特に頭を急に動かすことは避けてください。
・ラケットボールやバレーボールなど、たくさん動くスポーツはしないでください。
・症状が出たときは静かに横たわっていてください。
・明るい光を避けてください。
・症状が出たときは読書をしないでください。
・後遺症が残る恐れはありますか?

殆どの場合、重い症状は1週間後には良くなり、 2〜3ヶ月以内に完全に回復しています。 運動に対する感受性は、特に高齢者の場合は数年間影響が残ります。 永久的な難聴が残る場合もまれにあります。 ただしこのような後遺症は、内耳炎が早期に治療された場合には起こりにくいです。

医師に質問するための項目

・私は聴覚を失いますか?
・めまいを止めるためにできることはありますか?
・いつ医師に相談すべきですか?
・めまいが非常に悪くなったり、嘔吐したりする場合は、救急室に行くべきですか?
・症状はどれくらいの期間続くことがありますか?
・症状を和らげる薬はありますか?

この記事に含まれるキーワード

非ステロイド性抗炎症薬 内耳炎 ステロイド薬 NSAID 上気道感染