円形脱毛症(AA)

2017/3/17

三上 貴浩 先生

記事監修医師

東大医学部卒、医学博士

三上 貴浩 先生

概要

円形脱毛症(AA)は、脱毛(抜け毛)の一種です。頭皮の髪に影響を与える生命を脅かさない免疫システムの病態です。円形(頭部の斑状の脱毛)、全頭(頭部の完全な脱毛)、汎発性(全身の毛の喪失)を含む3種類の重篤な脱毛症があります。

脱毛症は伝染性ではなく、男性、女性、子どものすべての年齢に発生します。 しかし、それは20代前半および成人でより一般的です。

症状

主な症状は、頭部の斑状の脱毛により頭皮の滑らかで丸みのある部分が露出した状態になることです。 軽度では、1〜2つの滑らかで毛のない斑で始まり、その後通常は止まります。

ときどき、髪は元に戻ってきますが、必ず戻るわけではありません。 その状態は予測不可能であり、脱毛および再成長のサイクルはそれ自体を繰り返すことがあり、別の形に成長することがあります。

その最悪の形態は、汎発性脱毛症で全身の脱毛(まゆ毛、まつ毛、腕、脚、脇の下、恥骨、および胸および背中の髪)の原因となります。 まれに、髪があった部位に灼熱感やかゆみを経験することがあります。

原因

脱毛症の原因はわかっていませんが、遺伝やウイルス、環境が脱毛を引き起こすと考えられています。その原因は人によって異なりますが、ストレスとは関係していません。

また、1型糖尿病、慢性関節リウマチ、甲状腺疾患、全身性エリテマトーデス(SLE)、ビタミンB12欠乏による巨赤芽球性貧血、アジソン病、アトピー性皮膚炎などの別の免疫系疾患を有する家族がいる場合、脱毛症のリスクを高めるとの報告がありますが、親から子に遺伝することはまれです。

別の免疫系疾患をもたず脱毛症になる人は、一般に甲状腺疾患、鼻アレルギー、および喘息の既往があります。

予防

脱毛症は予防(回避)することができません。 しかし、米国家庭医学会(AAFP)は、脱毛症の生活が精神的に困難であることを認識しています。

ヘアスタイリング技術やヘアケア製品は、脱毛を隠すのに役立ちます。 しかし、いくつかのヘアケア製品は髪に刺激が強いことがあり、さらなる損傷や脱毛を引き起こす可能性があります。 避けるべき製品については医師に相談してください。帽子、スカーフ、かつらで生活が活動的になることが奨励されています。

まつ毛、まゆ毛、また鼻や耳の毛が抜けることもまた問題です。 毛はほこり、病原菌、小さな異物などの刺激から目、鼻、耳を保護しているので日焼けや皮膚がんのリスクを軽減するため、露出した頭皮に帽子や日焼け止めをしてカバーします。

治療

多量の脱毛を経験している場合は、医師に相談してください。 脱毛には多くの理由があります。 医師は脱毛症の診断時に脱毛パターンと病歴を確認します。頭皮の毛のない部分が滑らかで桃色であるか(脱毛症のサイン)、または頭皮に傷跡がついているかどうかを調べ、頭から数本の毛を引っ張って調べます。

診断を確認できない場合は、血液検査が有用で、脱毛症の原因となる別の病気や状態を除外するために、頭皮から少量の皮膚サンプルを採取します。

脱毛症を100%治す治療法はありませんが、頭に脱毛の小さな斑がいくつかある場合、数カ月以内に髪が生えてくる可能性がありますのでそのような場合には治療はしません。

広い範囲の脱毛では、頭皮の下に複数のステロイド注射(2〜6週間に1回)を行って髪を再成長させることがあります。ほかに、皮膚に塗布するステロイド薬や紫外線治療薬を含む育毛剤があります。

接触免疫療法は別の治療法です。 それは故意に頭皮にアレルギー反応を引き起こし、毛の成長を引き起こします。 この治療では、頭皮に塗布(とふ)される薬が肌を刺激し、赤くてうろこ状になります。 この治療がうまくいくと、髪の成長をみるのに3カ月かかることがあります。 接触免疫療法には、重度の発疹やリンパ節の腫脹を含む副作用があります。 どのような治療法を試したとしても、治療をやめると脱毛は通常再発します。

医師に質問すべき事項

・どのくらい髪がなくなったら受診する必要がありますか?
・両親のひとりが脱毛症です。遺伝子検査はできますか?
・脱毛が1年以上続いた場合、再び生えてくる可能性はありますか?
・ある特定の病気は、発症のリスクを高めていますか?

この記事に含まれるキーワード

円形脱毛症(AA) 脱毛 抜け毛 脱毛症 接触免疫療法