無月経

2017/3/17

三上 貴浩 先生

記事監修医師

東大医学部卒、医学博士

三上 貴浩 先生

概要

無月経とは、月経がないことです。 無月経には以下のタイプがあります。

・原発性無月経:16歳以上で一度も月経がない場合

・二次性無月経:正常な月経があった後に3カ月以上連続して月経がみられない場合

原因

無月経は、以下のような原因で発症する可能性があります。

・月経周期を調節するために脳下垂体と相互作用する脳内の領域である視床下部の問題
・染色体異常
・脳下垂体機能に影響する下垂体疾患。下垂体は脳のすぐ下にあり、月経周期を調節します
・月経の流れを妨げている膜のような腟の閉塞
・妊娠
・避妊薬やメドロキシプロゲステロン酢酸エステルなどの経口または注射による避妊薬の使用
・ストレス
・抗うつ薬、化学療法薬、抗精神病薬などの特定の種類の薬
・極端な低体重
・月経に影響を与えるホルモンを産生する甲状腺の問題
・長距離走行のような規則的な激しい運動、特に体脂肪が低い場合

予防

無月経症だと思ったら、医師に診てもらうべきです。 以下のことが無月経の原因を突き止めるのを助けます。

・妊娠の可能性がある場合、家庭でできる妊娠検査を受ける
・月経が毎月同じでない場合は、開始時と終了時をメモしどれくらい続いたかを医師に伝える
・同じような月経問題を抱えている家族がいるかどうかを調べる
・毎月定期的な月経がなくても、妊娠することは可能

治療

治療は、無月経を引き起こす原因によって異なります。 健康的な体重を維持するために食事と運動プログラムを変更するだけの簡単なものですが、薬が必要な場合があります。 また、手術が必要となるときもあります。

医師に相談するための質問事項

・無月経の原因は何ですか?
・避妊薬を服用したり、注射を受けたりしています。もしやめれば月経ははじまりますか?
・検査は必要ですか?
・食事や運動などの生活習慣を変えたほうがよいですか?
・まだ妊娠することはできますか?

この記事に含まれるキーワード

月経(27) 無月経(7) 原発性無月経(3) 二次性無月経(1) 視床下部(1)