夢遊病

2017/3/21

三上 貴浩 先生

記事監修医師

東大医学部卒、医学博士

三上 貴浩 先生

概要

夢遊病は、夜間に断片的に目が覚める障害です。 その人は、歩いたりほかのことをしますが、その記憶がありません。

家族が夢遊病なったとしても、あまり心配しなくて大丈夫です。 夢遊病は小児ではかなり一般的ですが、どの年齢でも起こります。 自分の家族が夢遊病だったら、それが原因で自分自身を傷つけないようにしてください。

症状

夢遊病をしている人は、ベッドに座って、目をこすり、服をかぶるなど、特定の動きを繰り返したり、出歩くこともあります。
服を着たり、調理したり、または車を運転するなどの日常的な行動をすることさえあります。 ふらふらして、動きや会話はぎこちなく、話しかけても返事をしません。

人によって、夢遊病は頻繁に起こることがありますし(たとえば、毎晩または夜間に複数回)、時折起こることがあります。夢遊病を経験したほとんどの人は、子どもの頃に夢遊病を始め、その後10代まで続いています。

治療

家族が夢遊病の時に危険なことをした場合、または夢遊病がほかの問題(昼間の眠気など)を引き起こした場合は、医師に相談してください。 また、ほとんどの子供たちが夢遊病を乗り越えますが、子供の夢遊病が長時間にわたる場合は、医師に相談してください。

一部の医薬品は夢遊病の治療に役立ちます。 医師は、家族が夢遊病になる時間を記録するために、睡眠日記をつけることを勧めます。

家族が夢遊病のとき何をすべきですか?

最も重要なことは、手が届く場所から危険な物を取り除くことによって怪我を防ぐことです。 また、ドアと窓を閉じたままにしておき、安全のために夢遊病の人がさまようことができないようにする必要があります。

家族が夢遊病をしていることが分かったら、穏やかにベッドに戻るように案内してください。 目を覚まさせようとして叫んだり、大きな音を立てたり、その人の体を揺すったりしないでください。

医師に質問するための事柄

・子供に何か問題がありますか?
・子供が夢遊病になっていたら、目を覚まさせるべきですか?
・ストレスは子供の夢遊病の原因になりますか?
・子供が夢遊病であれば、そのことを話す(教える)べきですか?
・睡眠で問題があるかどうか、子供に尋ねるべきですか?
・子供と一緒に部屋で寝て、夢遊病になっていることが分かるようにするべきですか?
・どんな薬が子供を助けることができますか?

この記事に含まれるキーワード

夢遊病(5) 夢(1) 睡眠日記(1)