ベル麻痺

2017/3/21

三上 貴浩 先生

記事監修医師

東大医学部卒、医学博士

三上 貴浩 先生

概要

ベル麻痺は、顔の片側が部分的または完全に麻痺する状態です。 まれに、顔の両側が侵されることがあります。

ベル麻痺は、顔面神経がダメージを受けたときに起こります。顔面神経は、顔の動きや味やその他の情報を伝えます。 この神経が損傷すると、顔は脳との間の信号を得ることができません。症状がでた時には恐ろしい形相に見えますが、ベル麻痺は通常長く続きません。

症状

ベル麻痺がある場合は、以下の症状のいくつかがでるかもしれません。 通常、これらの症状は顔の片側のみにおこります。

・顔が一方に傾いたように見える下垂や筋力の低下
・表情の喪失
・顔のピクつき
・食べることや飲むことに支障がでる
・しゃべることに支障がでる
・味の全体的または部分的な喪失
・耳の痛み
・音に対する過敏症
・目を閉じることができない
・ドライアイ

ベル麻痺症状は急速に現れ、通常数日で最悪に達します。 こうした症状がある場合は、医師に相談してください。 ベル麻痺があるかどうかを診断してくれます。

原因

ベル麻痺の原因は不明ですが、ヘルペスや風邪などのウイルスが顔面神経を腫脹させるときに起こることがあります。 腫れた神経は、その周りの骨に押し付けられます。 この圧力によって、神経が正常な働きが妨げられます。

妊娠している場合、15歳から60歳の間の年齢の場合、または次のいずれかの病気がある場合にかかりやすいとされています。

・単純ヘルペス
・糖尿病
・一般の風邪
・インフルエンザ
・ライム病
・単核球症
・HIVまたは別の自己免疫障害
・サルコイドーシス

ただ、こうした疾患がベル麻痺を引き起こすことは、5000人に1人程度で、殆どありません。ほんの僅かな確立ですが、再発する可能性があります。

検査

ベル麻痺を特定するための特定の検査はありません。 医師はおそらく症状と既往症について質問します。

顔の麻痺は、脳卒中、腫瘍、または外傷によっても引き起こされる可能性がありますので、医師は別の病気が症状の原因でないことを確認します。

X線や磁気共鳴画像(MRI)検査などの追加検査が必要な場合があります。

治療

ベル麻痺は、しばしば1〜2ヶ月以内に自然に治まります。 ステロイド薬の処方(通常10日間)をできるだけ早期に開始すると、完全な回復の可能性が高まります。

自宅で、あなたの回復を手助けする簡単な方法を行うことができます。十分に栄養を取り、休息を取ることを忘れないでください。 屋外にいるときは、サングラスで目を保護してください。 特にコンピュータで作業しているときは、目を潤してください。 昼間に点眼薬で目を湿らせ、夜間に眼帯で目を閉じたままにするするとよいでしょう。

患部の痛みや腫れに対して、必要に応じてゲルパックやヒートパッドなどの低温の熱を加えましょう。 その部位をやさしくマッサージしてみてください。痛みが強い場合は、かかりつけ医に相談してください。 回復までの時間は顔面神経がどれほどひどく損傷しているかによって決まります。

回復に時間がかかる場合は、いくつかの症状が持続する可能性があります。 たとえば、コントロールできない顔の動きや、涙目になることがあります。

医師に質問するための事項

・ベル麻痺は再発の危険がありますか?もしそうなら、それを防ぐことはできますか?
・麻痺の状態はよくなるでしょうか?どのくらいの期間症状がみられますか?
・ベル麻痺の治療薬はありますか?
・症状を改善するために私ができるエクササイズや生活習慣の変化はありますか?
・ベル麻痺になったことは別の健康上の問題のあらわれですか?

この記事に含まれるキーワード

ベル麻痺 脳卒中 ステロイド薬 麻痺 顔面神経