乳汁漏出症

2017/3/27

三上 貴浩 先生

記事監修医師

東大医学部卒、医学博士

三上 貴浩 先生

概要

乳汁漏出症(にゅうじゅうろうしゅつしょう;Galactorrhea)は、乳房が触れられただけで、または刺激がないときにも乳房から母乳が漏れる病気です。
多くは乳房をもつ女性で起こりますが、男性でも起こることがあります。

症状

両方の乳頭の一方から乳白色の分泌(黄色または緑色の場合もある)があります。分泌物中の血液は乳汁漏出ではありませんが、その液体が赤みを帯びている場合は、がんの有無を確認する場合があります。
乳汁漏出症の症状には以下のものが挙げられます。
・月経不順
・頭痛
・視力喪失
・性交に興味がない(性欲の減退)
・にきび
・男性では、顎(あご)や胸毛の増加
・男性では勃起不全と性交への関心低下

原因

乳汁漏出症の原因となる要因は、以下のものがあります。以下の原因は、いずれもプロラクチンというホルモンの分泌を刺激することで、乳汁漏出症をきたします。
・良性またはがん性ではない腫瘍、特に脳下垂体腫瘍
・ホルモン、抗うつ薬、血圧薬、経口避妊薬、精神安定薬などの医薬品
・イラクサ、ウイキョウ、ブッスルシスル、アニス、フェヌグリーク種子などのハーブサプリメント
・マリファナやアヘンなど
・妊娠
・胸を刺激する服(からだにフィットしない傷つきやすいウールシャツやブラジャーなど)
・性交中の乳房の刺激や頻繁な胸の自己検査(毎日)
・腎臓病や甲状腺機能低下症

治療

治療は、何が乳汁漏出を引き起こしているかによって決まります。腫瘍が症状を引き起こしている場合、乳汁漏出の原因となるほとんどの腫瘍はがん性ではないので、薬や手術で治療することができます。
特定の薬が症状を引き起こしている場合は、別の薬を処方します。
多くの場合、治療は必要なく時間の経過とともに自然に消失しますが、それまで以下のことに注意してください。
・胸を刺激しない
・性交中には乳首に触れない
・1カ月に1回以上、胸の自己検査をしない
・摩擦の原因となる衣服や衣服は避ける
妊娠しているかどうかを確認するための血液検査や頭部の核磁気共鳴画像(MRI)で腫瘍や下垂体の異常があるかどうかを調べることがあります。

医師に相談するための質問

・妊娠検査やその他の検査が必要ですか?
・男性ですが、なぜこれが起こっているのですか?検査は必要ですか?
・乳汁漏出の原因は何ですか?
・治療法は何ですか?どのような治療法がありますか?
・自宅で症状を緩和するためにできることはありますか?

この記事に含まれるキーワード

乳房(7) 乳汁漏出症(1) 母乳(16) プロラクチン(4)