胃潰瘍と胃がんの違いを見分ける方法は?予防方法は同じでいいの?

2017/9/6 記事改定日: 2019/9/25
記事改定回数:4回

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

二宮 英樹 先生

記事監修医師

東大医学部卒、セレオ八王子メディカルクリニック

二宮 英樹 先生

胃潰瘍と胃がんは初期症状が似ているため、罹りはじめの段階で見分けるのは難しいといわれています。では、どのように違いを判断するのでしょうか?
この記事で胃と胃がんの違いと検査法について解説します。

胃潰瘍と胃がんの共通点・相違点は?

胃潰瘍と胃がんには、以下のような共通点がみられます。

初期症状が似ている
胃潰瘍になると胃痛、胸焼け、胃の不快感、食欲がなくなるといった症状が現われますが、これらは胃がんの初期症状にも当てはまります。また、40代以降の女性よりも男性の発症率が高いことも共通しています。
ピロリ菌が原因となる
ピロリ菌は周りに強いアルカリ性を持つアンモニアを発生させることで、強力な胃酸の中でも殺菌されることなく生存し、発生させるアンモニアで胃の粘膜を傷つけます。加えて胃の生体防御反応も起こるので、胃の粘膜に炎症が起きます。その結果、胃潰瘍や胃がんの発症につながってしまいます。

胃潰瘍と胃がんの大きな違いとして、胃潰瘍の痛みが食事の後に現われる(食事によって胃酸が分泌され粘膜を傷つけるため)のに対し、胃がんの痛みは一般的には食事の時間に関係なく起こることを挙げることができます。

自分で胃潰瘍や胃がんを見分けることはできる?

胃がんと胃潰瘍は初期症状に似たところが多いため、一般の人が見分けることは難しいです。したがって、胃潰瘍と胃がんを区別するには検査を受けることが欠かせません。健康診断でも多く行われているように、上部消化管内視鏡(胃カメラ)で胃の内部を直接観察して判断します。病変があれば、その病変を採取して、悪性かどうかを調べるために病理検査を行います。

また、ピロリ菌に感染していないかどうかを確認するために血液検査を行うこともあります。上部消化管内視鏡所見も踏まえて感染が確認された場合、複数の薬を内服することでピロリ菌の除菌を行うことができます。

特に胃がんはかなり進行するまで症状が現われないことも多く、発見が遅れてしまうことも少なくありません。胃の違和感や不調が続くようであれば、すぐに検査や診察を受けることが早期発見のために重要です。

胃潰瘍や胃がんは予防できる?

胃潰瘍や胃がんは予防することが可能です。特に、胃潰瘍は日ごろの生活習慣を見直すことで大幅に予防することができ、胃がんも早期発見・早期治療することで高い治癒率を期待できます。予防するために、以下のことを心がけましょう。

定期的な検査
胃潰瘍も胃がんも、発症初期には自覚症状がないことも多々あります。そのため、より早期の段階で治療を開始するには、定期的に健康診断などを受けていち早く病気を見つけることが大切です。
ピロリ菌の除菌
ピロリ菌は、胃内に感染すると粘膜に炎症を起こし、胃潰瘍や胃がんの原因になることが分かっています。このため、検査でピロリ菌感染がわかっている人は、除菌治療を行うことをおすすめします。
除菌治療は1週間、抗生物質や胃薬などを服用することで完了します。かかりつけの病院で相談してみてください。
生活習慣の改善
塩分や脂肪分の多い食事、過度なアルコール、喫煙などは胃潰瘍や胃がんの発症リスクを上昇させる可能性があります。食事は野菜や和食を中心としたバランスの良いメニューを心がけ、節酒・禁煙するようにしましょう。

胃潰瘍が胃がんになることはある?

胃潰瘍と胃がんのメカニズムは異なります。胃潰瘍は胃酸によって胃の粘膜や胃壁が傷ついていきますが、胃がんは胃壁の細胞ががん細胞となって増えることで胃壁そのものに浸潤(広がっていくこと)していきます。よって、必ずしも「胃潰瘍が悪化すると胃がんになる」訳ではりません。

ただし、胃潰瘍と胃がんの共通の背景因子としてピロリ菌の感染があるため、胃潰瘍を発症した方にはピロリ菌が感染している可能性が高く、ピロリ菌が胃がんのリスク因子となるため注意が必要です。病院や保健機関などで、定期的に検査を受けることで対処していきましょう。

おわりに:定期的に胃の検査をすることが早期発見や予防につながります

  • 胃は体内でも比較的大きな臓器であり、小さな異変には気づかないことも多い
  • 胃潰瘍と胃がんは初期症状が胃痛と似ており、かなりの痛みが現われるまで「ただの胃痛」と考えてしまうことも多い
  • 胃潰瘍も胃がんも、完治するには早期発見が重要

特に、発症率が高まる40代以上の方は、定期的に健康診断や人間ドックといった検査を受けることをおすすめします。

※抗菌薬のうち、細菌や真菌などの生物から作られるものを「抗生物質」といいます。 抗菌薬には純粋に化学的に作られるものも含まれていますが、一般的には抗菌薬と抗生物質はほぼ同義として使用されることが多いため、この記事では抗生物質と表記を統一しています。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

痛み(148) 胃潰瘍(53) 胃癌(19) ピロリ菌(43) 胃酸(11)