心筋梗塞の前兆は痛みだけじゃない!?早期対処のために覚えておこう

2017/11/29 記事改定日: 2018/11/19
記事改定回数:1回

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

心筋梗塞とは命に危険を及ぼす深刻な病気であり、虚血性心疾患の一つです。すぐに治療が必要になりますが、どのような前兆が現れたときに病院に行けばいいのでしょうか。この記事では心筋梗塞の症状と、病院に行くべきサインを紹介しています。

心筋梗塞の発症のメカニズムとは?

心筋梗塞は虚血性心疾患のひとつであり、狭心症とあわせて虚血性心疾患といいます。どちらも、心臓を取り囲む冠動脈の血液が十分に流れなくなることで発症します。

狭心症は冠動脈の内腔でプラークと呼ばれる脂肪の固まりが蓄積したことで血管が細く狭くなっている状態で、十分な量でなくても血液が流れている状態ですが、心筋梗塞の場合は血栓によって完全に塞がってしまい、血液が流れていない状態のため、心臓の機能に深刻な問題が起こります。

心筋梗塞の胸の痛みの特徴とは?

心筋梗塞を発症すると、突然強い胸の痛みが現れます。強い痛みは心筋梗塞の代表的な症状であり、胸の前面が締め付けられるように感じたり、圧迫されたりする感覚があり、背中や肩、腕、あご、頭にまで痛みが起こることもあります。

痛みが出る場所や感じ方は人によって違いがあり、吐き気や嘔吐、息切れ、手足が冷えたり痺れたりすることもあり、さらに症状がひどくなると意識障害を引き起こし、命に危険が及ぶ可能性があります。

ただし、糖尿病患者や女性、高齢者は自覚症状が乏しいともいわれていて、胸の痛みや息苦しさを感じないことがあります。そのため、自分では症状が軽いように感じていても、冠動脈の状態がひどくないと決まったわけではありません。
上記で紹介した症状が現れたら、軽い症状であっても早めに病院を受診しましょう。

心筋梗塞の前兆かも?! 吐き気や嘔吐にも注意!

胸のあたりに違和感があったり、痛みや圧迫感がある場合は心筋梗塞の前兆ととらえ、念のため病院で検査してもらいましょう。特に左部分が痛む場合は心臓のトラブルが多いといわれているので目安にしてください。

その他にも

  • 吐き気や嘔吐
  • 食欲不振
  • 左小指の痛み
  • 肩や背中の痛み
  • 息苦しさ

などの症状が現れたときは、なるべく早めに病院を受診し、何が原因で症状が起こっているのか調べてもらいましょう。

心筋梗塞が疑われたら、早めに病院で診てもらおう!

すでに挙げた上記のような症状がある場合は、早めに病院へ行くべきです。特に、痛みの範囲が広がっているように感じたり、圧迫感が強くなってきたと感じた場合には一刻も早く病院へ行ってください。

これは夜中など不都合に思われる時間帯であっても同じです。強い症状を感じた場合は、手遅れにならないうちに必ず病院を受診しましょう。救急車を呼んでもかまいません。また、自分の足で病院まで行けないほどの辛い症状があるときも、迷わず救急車を呼ぶようにしましょう。

心筋梗塞の疑いがあるとき、どんな検査が行われるの?

心筋梗塞は心筋を栄養する3本の冠動脈のどこかに閉塞が生じることで、心筋への血流が途絶える病気です。発症から時間が経つと心筋壊死を引き起こし、死に至ることも少なくありません。このため、心筋梗塞が疑われる症状がある場合には素早く検査を行って、病気を確定させ、速やかに治療につなげることが非常に重要です。

まず、前胸部の痛みや息苦しさ、嘔気などの症状が現れ、心筋梗塞が疑われる場合は心電図検査や心臓超音波検査が行われます。また、採血検査で炎症反応の有無や心筋マーカーの異常なども調べられます。

これらの検査を行うことで、ほぼ全ての心筋梗塞をスクリーニングすることができますが、どの冠動脈が閉塞しているのかは冠動脈CT検査や心臓カテーテル検査を行うしかありません。心筋梗塞の場合、治療はカテーテルを用いて冠動脈にステントやバルーンを挿入して閉塞を解除する「経皮的冠動脈形成術」が行われます。このため、検査と同時に治療ができるように心臓カテーテル検査が行われるのが一般的です。

前兆がなく心筋梗塞を発症することもあるので注意!

何の前兆がなくても突然心筋梗塞を発症することもあります。一般的には、冠動脈に閉塞が生じる前段階として一時的な狭窄が生じ、数分程度続く前胸部痛などが生じますが、中には突然大きな血栓などが冠動脈に詰まって心筋梗塞を引き起こすことがあるのです。

前胸部の違和感や息苦しさ、動悸などの症状が続くとき必ず病院を受診するようにし、早期発見のためにも定期的に健康診断を受けて動脈硬化のリスクである生活習慣病の有無をチェックするようにしましょう。

おわりに:心筋梗塞の前兆は命の危険のサイン。救急車を呼んでもかまわないので、すぐに病院へ

心筋梗塞とは、冠動脈が完全に塞がってしまい、心臓の筋肉に血液が送られていない状態のことです。これは命の危険がある状況であり、緊急事態になります。症状の出方には個人差があるため、症状の軽い重いで病気の重症度は判断できません。

前兆と思われる症状に気づいた場合は、救急車を呼んでもいいので、夜中であってもすぐに病院を受診しましょう。

この記事に含まれるキーワード

糖尿病(265) 吐き気(123) 息切れ(33) 嘔吐(92) 狭心症(43) 心筋梗塞(71) 胸痛(16) 虚血性心疾患(16)