閉塞性動脈硬化症はどうやって予防すればいい?

2018/3/13 記事改定日: 2018/12/13
記事改定回数:1回

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

特に中高年以降の男性で、「歩いていると、太ももやふくらはぎが痛くなる」場合、「閉塞性動脈硬化症」を発症している可能性があります。症状やリスク、対策について、以降で詳しく解説していきます。

閉塞性動脈硬化症とは?

歩行時にももやふくらはぎに痛みを感じたら、閉塞性動脈硬化症の可能性があります。初期症状では、休息すれば痛みがひくため一時的なものと思われがちですが、この病気は脚の筋肉痛ではなく、動脈硬化による「血管の詰まり」が原因で起こります。そのため、マッサージで脚をいくらほぐしても根本的な解決にはなりません。動脈硬化を起こしやすいのは、脚の付け根や太もも、すねにある血管です。

症状を放置すると、歩行時の痛みが頻発して、歩ける距離が短くなり、ついには静止時ですら痛みが生じるようになります。また、脚に潰瘍ができて難治化したり、最悪の場合足を切断することもあり得ます。

閉塞性動脈硬化症が危険な理由

閉塞性動脈硬化症は血管の病気です。そのため、この病気を診断された時点で、脚のみならず、脳や心臓の血管に動脈硬化の疑いがあります。
つまり、脳卒中や心筋梗塞のリスクが高まっているということです。「単なる脚の痛み」と放置していると、受診や治療が遅れ、最悪死に至る可能性もあります。初期症状に気づいたら早めに医療機関を受診しましょう。

また、発症者のなかには高血圧や糖尿病を併発している方もいます。この二つも、動脈硬化の原因になり得る病気です。普段から血圧や血糖値の高い方は、閉塞性動脈硬化症に気をつけましょう。

閉塞性動脈硬化症の予防方法とは!?

閉塞性動脈硬化症を防ぐには、禁煙、脚の保温や保護、運動、適度な水分補給、動脈触知、食生活の改善などが大切です。

禁煙
タバコに含まれるニコチンは、血管の収縮作用があり、血中の中性脂肪を高めて、動脈硬化につながります。
足の保温
脚が冷えると、血管が収縮して血の巡りが悪くなります。入浴や衣類、電気毛布で普段から脚を温める工夫しましょう。
運動後の水分補給
歩行や運動後には、適切な水分補給をしましょう。水分が不足すると血管をつまりやすくします。
動脈触知
定期的に脈をとって血流や足の状態を観察することが大切です。
食生活の改善
食事は、高血圧や糖尿病を防ぐような野菜や魚を中心に摂りましょう。油物や肉料理ばかり食べていると、動脈硬化の危険性が高まります。

閉塞性動脈硬化症の予防に運動が必要な理由は?

適度な運動は動脈硬化の原因である、高血圧や糖尿病、高脂血症、肥満などの生活習慣病を改善する効果があります。とくに、ウォーキングやジョギング、水泳などの有酸素運動は脂肪燃焼効果があり、生活習慣病に効果的ですので無理のない範囲で取り入れてみましょう。

また、すでに閉塞性動脈硬化症を発症している人でも、歩行によって下肢の血行を良くすることで閉塞した血管の周囲に側副血行路の形成を促すことができます。医師の指示に従って運動療法を取り入れてみましょう。

こんな症状が出ていたら早めに病院で診てもらおう

閉塞性動脈硬化症は、40代以降の中高年男性に多く見られます。

歩行時に痛んで休むことがよくある場合、動脈硬化が既に進行している可能性があります。
また、自覚しやすい初期症状は冷えです。これまで冷えを経験したことのない方が、急に足先や手先に冷えを感じるようなことがあったり、脚に軽いしびれを感じるようになって場合は、早めに病院を受診しましょう。

おわりに:日常生活での対策と、初期症状に気づける心構えを

油断していると、脳卒中や心筋梗塞で命にも関わりかねないのが、閉塞性動脈硬化症です。初期症状を見落とさないことや、日常生活で対策を実践することが、悪化を防ぐことにつながります。もし、気になる症状があった場合は、すぐに医療機関で検査を受けてください。

この記事に含まれるキーワード

禁煙(76) 痛み(147) 脳卒中(48) 冷え(19) 心筋梗塞(71) 動脈硬化(82) しびれ(53) ふくらはぎ(5) 太もも(8) 閉塞性動脈硬化症(5) 血圧比検査(1) 歩行(1)