バコパモニエラにはどんな効果があるの?摂取上の注意点は?

2018/4/2

山本 康博 先生

記事監修医師

東大医学部卒、独立行政法人国立病院機構東京医療センター

山本 康博 先生

「バコパモニエラ」をご存知ですか?あまり聞きなれない名前かと思いますが、サプリで販売されており、ストレスの緩和や記憶力の向上などの嬉しい効果があると言われる植物です。具体的な効能や摂取上の注意点について、以降でお伝えします。

バコパモニエラとは?

バコパモニエラは、ゴマノハグサ科の多年草です。主にヨーロッパや北アフリカ、アジア、南北アメリカに分布しています。インドの伝統医学「アーユルヴェーダ」ではハーブとして利用されてきました。日本では、観賞用の水草としても販売されています。ただ国内では自生しておらず、在来種との競合の恐れがあるため「要注意外来生物」に指定されています。

バコパモニエラには、アルカロド系成分とフラボノイド系成分が含まれ、バコパサイトという特有の成分があります。このバコパサイトには、脳の酸化を防ぐ働きがあるとされます。

ストレスを和らげる、記憶力を高める?!バコパモニエラの効果

バコパモニエラは、主に次の4つの効果があると言われています。

記憶力の向上

バコパモニエラには、記憶力や学習能力を高める効果があるとされます。実際に研究報告があり、バコパモニエラを継続的に摂取した人々に、新しい情報や言葉の記憶能力の向上が見られました。

精神の安定

バコパモニエラには、うつ病の症状を抑え、精神を安定させる効果もあると言われています。また、不眠症や不安症、注意散漫などの精神的不調に効果が期待されています。

ストレスの軽減

ラットを使った研究により、バコパモニエラにはストレスをやわらげる効果があることがわかりました。

疲労回復

最後が、疲労回復効果です。こちらも研究で、バコパモニエラを投与したラットの運動時間が大きく伸びたことが報告されています。

摂取方法と注意点について

バコパモニエラは、物忘れの多い方、集中力や記憶力を向上させたい方、精神的不安を感じる方、ストレスを感じやすい方、疲労を感じている方におすすめです。バコパモニエラは、サプリメントや健康食品で販売されているものを摂取するのが一般的です。

ただし、他の医薬品を服用中の場合には、バコパモニエラの摂取について医師と相談してください。バコパモニエラを摂取すると、血中の甲状腺ホルモン値が増える可能性があります。特に甲状腺疾患を抱えている方はなるべく摂取を避けましょう。

おわりに:ストレス緩和や疲労回復など、たくさんの嬉しい効果が期待できるバコパモニエラ

精神面の安定や記憶力の向上、ストレス緩和、疲労回復など、多くの効果が得られるとされるバコパモニエラ。該当する症状でお悩みであれば、まずは市販のサプリメントや健康食品をうまく摂り入れてみてはいかがでしょうか。持病や服薬中の方は、必ず医師に相談の上、購入を検討してください。

この記事に含まれるキーワード

ストレス(308) うつ病(57) サプリメント(43) 記憶力(9) 甲状腺ホルモン(22) 疲労回復(8) バコパモニエラ(1)