狭心症の薬はいつまで飲むの?薬の種類にはどんなものがある?

2018/5/17 記事改定日: 2018/12/25
記事改定回数:1回

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

狭心症は、心臓の筋肉を動かす重要な血管「冠動脈」が何らかの原因で狭くなってしまう病気です。
狭心症の投薬治療に使われる薬といえば「ニトログリセリン」が知られていますが、その他の治療薬の種類について、どのくらい知っていますか?

今回は、狭心症の治療をするなら知っておきたい薬のことについて、治療に使われる薬の種類や副作用について、わかりやすくご説明していきます。

狭心症の薬にどんな種類があるの?

狭心症の治療に使われる薬としては、「硝酸薬」「カルシウム拮抗薬」「β遮断薬」「抗血小板薬」「スタチン」の5種類が挙げられます。

以下に、それぞれの薬の効果や特徴について簡単にまとめました。

硝酸薬

血管内の細胞に作用して一酸化窒素を産出させ、冠動脈を拡張させることで血流の増加の効果が期待できる薬です。
ニトログリセリンもこの硝酸薬の一種であり、舌下錠や内服錠、スプレータイプ、テープタイプなどさまざまなタイプの薬剤があります。

カルシウム拮抗薬

血管の細胞内へのカルシウムイオンの流入を阻害することで、血管の筋肉の緊張を低下させ、血管を拡張させる効果が期待できる薬です。

代表的なものにはベニビジンがあり、特に冠動脈の痙攣によって起こる狭心症に効果的と考えられているため、よく使用されます。

β遮断薬

交感神経の異常な高ぶりを抑えることで、心筋収縮力や心拍を低下させ、狭心症治療の効果を発揮する薬です。

運動をしたとき、重いものを持ったときなど、心臓に負担がかかり心拍が上がった時に発症する労作性狭心症の患者に、特に効果的であるとされています。

抗血小板薬

血を凝固させる作用のある血小板を、作らせないようにする薬です。
狭心症、または狭心症の治療後に冠動脈に血栓ができるのを防ぐために使用されます。

スタチン

血液内の低比重リポタンパクコレストロール(LDL-C)の値を下げる効果のある薬で、冠動脈が狭くなる一因となる血管内の石灰化組織(プラーク)の生成を阻害します。

他にも、血管組織への抗炎症、血管内の機能改善などの効果も期待でき、特に狭心症の初期症状の改善のために処方されます。

狭心症の薬に副作用はないの?

以下で、狭心症の薬の使用で想定される副作用について紹介していくので、しっかり理解しておきましょう。

硝酸薬の使用で想定される副作用
頭痛、頭重感、めまい、動悸、発疹、身体の一部がむずがゆく感じる掻痒感  など
カルシウム拮抗薬の使用で想定される副作用
脈が遅い、脈が飛ぶ、頭痛、顔が赤くなる、便秘、吐き気、胃部不快感  など
β遮断薬の使用で想定される副作用
めまい、倦怠感、低血圧、徐脈、心不全、呼吸困難  など
抗血小板薬の使用で想定される副作用
出血、肝機能障害、血液障害、湿疹  など
スタチンの使用で想定される副作用
倦怠感・脱力感、頭痛、消化器官の不調(便秘・下痢・吐き気・嘔吐・胃部不快感)、手指のしびれ、掻痒感、筋肉、肝機能障害、赤褐色尿  など

狭心症の薬は、いつまで飲み続けなければいけないの?

狭心症には、労作性狭心症と冠攣縮性狭心症がありますが、それぞれによって薬を続ける基準が異なります。
労作性狭心症は、冠動脈に動脈硬化が生じて物理的な狭窄を生じており、労作時に冠動脈がさらに細くなることで胸痛発作を引き起こします。このため、基本的には薬を飲み続けて動脈硬化の進行や胸痛発作の予防を行う必要があります。

一方、冠攣縮性狭心症とは、冠動脈に異常が無い場合でも冠動脈が過度に収縮することで胸痛発作を生じるものです。主な原因はストレスや睡眠不足、更年期障害などが挙げられます。

冠攣縮性狭心症の場合には、冠動脈に物理的な狭窄がないため胸痛発作が数年にわたって起こっておらず、運動負荷心電図検査などで異常が見られない場合に薬の服用が中止できるケースもあります。
しかし、薬が中止になったとしても、突然の胸痛発作に備えて硝酸薬を持ち歩くようにしましょう。

おわりに:薬の種類・効果・副作用を知り、自分に合った狭心症の治療薬を見つけよう

ひとくちに狭心症の治療薬と言っても、症状や考えられる原因、期待する効果によって、さまざまな種類の薬が使われています。治療にあたり、基本的には医師が適切な薬を選んでくれますが、薬の種類や効果を知っていれば、希望を相談することも可能になります。この記事を参考に薬についての理解を深め、あなたの狭心症治療に役立ててください。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

狭心症(45) β遮断薬(12) 抗血小板薬(9) スタチン(5) ニトログリセリン(6) カルシウム拮抗薬(7) 狭心症治療薬(1) 硝酸薬(2)