テニス肘のリハビリっていつから始められる?具体的な方法は?

2018/8/2

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

趣味でテニスをやっている人は、特に発症リスクの高い「テニス肘」。もしテニス肘になってしまったら、いつからリハビリを始めればいいのでしょうか。具体的なリハビリの方法もお伝えしていきます。

テニス肘のリハビリはいつから始めていいの?

「テニス肘」(上腕骨外側上顆炎)は、テニスをしている人に多い肘の痛みで、肘の使い過ぎ(オーバーユース)により起こる前腕の筋肉とそれにつながる腱の炎症です。30~40代に多く、ラケットを使用するスポーツや野球、ゴルフなどのほか、運送業や料理人、デスクワークの多い人にもみられます。

炎症を起こしてしまったら同じ負担のかかる動きをしないように安静にすることが大切ですが、そうしているうちに前腕の手首や肘、指を動かす筋力が落ちてしまいます。そのままにしていると、周りの筋肉や腱に負担がかかるようになり、周辺まで痛めてしまう可能性があります。それを防ぐのがリハビリですが、痛みが強いのは炎症がひどいときで、この時期に行うと症状を悪化させてしまいます。リハビリを始めるのは、肘や手首の曲げ伸ばしで痛みやしびれなどがなくなってからにしましょう。

テニス肘のリハビリ方法は?

テニス肘のリハビリでは、ストレッチや筋力トレーニングを行います。ストレッチでは、まず、痛い方の手を手のひらを下に向けて肘を伸ばした状態で肩の高さまで持ち上げます。反対の手で痛い方の手の手首を手のひら側に曲げるように手の甲を下向きに抑えます。そして前腕が伸びているのを感じた状態で15秒ストレッチします。次に、手のひらを上に向けて同じように持ち上げ、反対の手で痛い方の手の指先を手の甲側に曲げるように下向きに抑え15秒ストレッチします。これらを1日に3~4回行います。

筋力トレーニングとしては、前腕の機能回復と筋力アップ、手首の関節機能回復のために、リストカールを行います。肘を反対の手で固定し500g以下の軽い重りになるものを持って手首だけで巻き上げるように上下させる動きを、甲側、手のひら側それぞれで左右15~20回を1~3セットほど行います。なお、最初から大きな負荷をかけず徐々に重りを増やすようにし、筋トレ後には必ずストレッチを行いましょう。

テニス肘はどのくらいで治る?

テニス肘は、痛みが消えてもまたすぐに再発するようなら、完治したとはいえません。完治までの期間は、治療期間(痛みが消えるまでの安静にしている期間)+リハビリ期間です。

痛みが続く期間は、人や状態により1週間から1年以上とばらつきがあります。初期で痛みが軽ければ肘に腱鞘炎が起こる前なので、ストレッチをすれば1~2週間程度で痛みは消えます。しかし、痛みが強くなるまで放置してしまうと長期間にわたって痛みやしびれなどの症状が続くことになります。

腱鞘炎が慢性化するとステロイド注射や手術が必要となる場合もあり、治療期間だけで半年~1年ほどかかるうえ必ずリハビリ期間も要します。テニス肘が治る期間は、どれだけ早く治療を始めたかにかかっています。

おわりに:リハビリは痛みが消えたのを確認してから行い、ストレッチや軽い筋トレから始めよう

テニス肘になってしまったら、まずは安静にすることが大切です。リハビリは痛みやしびれが治まってから開始し、簡単なストレッチ、軽い筋力トレーニングなどから始めましょう。完治にかかるまでの時間は、どれだけ早く治療を開始したかによって左右されるので、痛みに気づいたら早目に治療を開始しましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

方法(60) 期間(42) いつから(14) テニス肘(7) リハビリ(49)