消化不良で起こる症状とは!?食べすぎ飲みすぎ以外の原因はある?

2018/8/7 記事改定日: 2018/9/26
記事改定回数:1回

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

食事の後に胸のむかつきや気持ち悪さ、上腹部に漠然とした不快感を感じる場合は、消化不良をおこしているのかもしれません。
今回は消化不良の具体的な症状や原因、また病院で診断・治療を受けるべきケースを解説していきます。

消化不良の症状には、どんなものがあるの?

消化不良の代表的な症状は、食後の「胃部・上腹部の痛みや不快感」です。その他には、以下のような症状が出ることがあります。

消化不良による症状の具体例

  • 胃にガスが溜まっているような、ぱんぱんに張っている感じがする
  • 胃に、一時的で差し込むような急激な痛みがある
  • 上腹部がなんとなく苦しくて、ときどきシクシクと痛む
  • 吐き気を催すほどではないが、上腹部がムカムカする    など

なお、上記のような胃・上腹部の痛みや不快感が原因となり、吐き気やげっぷ、便秘、下痢、食欲不振などの症状が起こるケースもあります。

また、消化不良は食事によって悪化することもあれば、軽減することもあるのが特徴です。

消化不良の症状の原因とは?

消化不良の症状は、必ずしも食べすぎで食べ物を消化しきれなくなることが原因で起こるのではありません。

以下に消化不良の原因として考えられる原因を、急性消化不良と慢性化して繰り返す消化不良の2つのパターンに分けて、まとめてご紹介します。

急性消化不良の原因と考えられるもの

  • 食べ過ぎ
  • 飲みすぎ(過度のアルコール摂取)
  • 胃下垂による胃の機能不全
  • 非ステロイド系炎症薬など、消化器官に影響が出る薬の副作用
  • 心疾患の症状の一環

慢性消化不良の原因と考えられるもの

  • アカラシアなど、食道の機能不全
  • 胃がん、または食道がん
  • 胃の機能異常による、吸収不良性症候群
  • 非ステロイド系炎症薬など、消化器官に影響が出る薬の副作用
  • 胃食道逆流症
  • 胃炎、または消化性潰瘍疾患
  • 胃の機能低下による胃内容排出の遅れ   など

このように、消化不良は食べすぎ・飲みすぎ以外にも薬の副作用や胃・食道の疾患、心臓など他の臓器の疾患によっても起こることがある症状です。

消化不良の症状のなかで、病院に行ったほうがいいのはどんなもの?

消化不良のうち、多くは一時的な胃の不調によって起こるものであり、短時間で自然に治まるものなので、基本的には病院に行く必要はありません。

ただし、前述の通り消化不良のなかには胃や食道、他の臓器の重大な疾患が隠れている恐れもあり、この場合には医師による診断・治療が必要になります。
特に消化不良に以下のような症状が伴っている場合は、病気のサインかもしれませんので、病院を受診しましょう。

  1. 消化不良が起きたときに、息切れや冷や汗、動悸を感じる
  2. 消化不良に吐き気を伴い、実際に吐いてしまうことがある
  3. 消化不良が起きてから、食欲不振になった
  4. 消化不良の症状が出てから、どんどん痩せて体重が減っている
  5. 血便が出た
  6. 食べ物や飲み物、唾液を飲み込むときにのどに強い痛みがある
  7. プロトンポンプ阻害薬などを飲んで胃を治療しているのに、消化不良が続いている
  8. 消化不良と上記に挙げたような症状が、数日以上続いている

上記のうち、①に特には心疾患が、また②~⑧までの症状に複数当てはまる場合は、胃や食道にがんをはじめ何らかの疾患を抱えている可能性があります。

消化不良は本来なら長くても2〜3日程度でおさまる一時的な疾患ですから、1週間以上継続して症状が出ている場合は、病院に行った方が良いと覚えておきましょう。

消化不良のときの過ごし方

消化不良の辛い症状があるときには、食事内容に注意し、しっかりと休息を取って胃や腸を安静にする必要があります。

食事は、なるべく消化の良いお粥や野菜スープなどを中心として糖分や油分、塩分を控えたメニューを選びましょう。また、香辛料などの刺激物やアルコールは胃や腸の粘膜に負担を与えるので、症状がある間は控えた方がよいでしょう。

また、なるべく規則正しい時間に3食摂るようにし、一度に多くの食事量を摂らないように心がけましょう。
さらに、ストレスや疲れは胃や腸の運動を低下させる原因となることがあるので、睡眠時間をしっかり確保してなるべくストレスのない生活を送ることも大切です。

おわりに:消化不良の原因は、内臓疾患や薬の副作用の可能性もある

本来なら胃の痛みや不快感、膨満感など、上腹部の不快感が数時間~2日程度続くだけの消化不良ですが、その原因は食べすぎや飲みすぎとは限りません。特に、消化不良が1週間以上続く慢性的なものであり、吐き気や体重減少、食欲不振、血便などの症状が伴う場合は要注意です。心疾患や胃・食道の炎症やがんが原因の可能性もありますので、できるだけ早く病院に行って、医師の診断・治療を受けるようにしましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

消化不良(14) 病院(59) 原因(609) 症状(559) 食べすぎ(4)