オスグッドの症状ってどんな感じ?どうすれば痛みがなくなるの?

2018/8/29

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

オスグッド病はどのような症状が起こるのでしょうか?また、痛みを緩和する方法はあるのでしょうか?オスグッド病の症状や対処法について解説していきます。

オスグッドとは?

成長期には、骨の成長速度に筋腱の伸長が追い付かず、一時的に骨の長さに対して筋の長さが短くなる時期があります。しかし、成長期の骨の成長速度に対して、膝関節を伸ばす際に必要な大腿四頭筋の伸長が追い付かなくなると、大腿四頭筋が付着している脛骨粗面(成長軟骨)にも負荷がかかり、痛みや変形が起こることがあります。このような状態をオスグッド・シュラッタ―病、もしくはオスグッド病(以降オスグッド)と呼びます。
骨と筋の緊張が高まる時期にスポーツなどをすることにより成長軟骨が損傷を受ける、骨端症の一つです。

オスグッドの症状にはどんな特徴があるの?

膝蓋骨下方に位置する脛骨粗面に疼痛、強い圧痛、局所(両側に起こる場合もある)の熱感、腫脹、骨性の隆起などが起こります。

また、バレーやバスケなどでのジャンプ時に起こる疼痛が原因となりジャンプ力が落ちたり、サッカーや陸上競技などでのダッシュ時に疼痛が起こることによりタイムが落ちるなど、痛みによるスポーツ能力低下も見られます。

重症度の分類

オスグッドは急性外傷(突発的な怪我)ではないため、スポーツの休止をする際の判断が難しいとされています。そのため、ジャンプ・ランニング・陸上競技などを行う際に感じる痛みは以下のように分類して、それぞれの症状のレベルに合わせた対処法を行います。

1度
スポーツ活動を行うことに支障はないが、運動後に痛みを感じる。
2度
スポーツ活動を行うことは一応可能だが、運動中と運動後に痛みを感じる。
3度
スポーツ活動を行うことに支障があり、運動痛に加えて自発痛(安静時に起こる痛み)がある。

オスグッドは症状によって対処法が変わる?

オスグッドは症状の度合いによって対処法が変わってきます。

1度~2度
大腿四頭筋のストレッチや、筋委縮予防のための大腿四頭筋の筋力増強訓練(等尺性・等張性筋収縮)を行います。また、練習後に疼痛がある場合はアイシングを行います。
2度~3度未満
膝蓋腱を圧迫するストラップを装着して様子を見て、症状が緩和される場合は練習中に装着するようにします。
3度
疼痛が強く、スポーツ活動に影響が出る場合、または他の療法では効果が得られなかった場合は、疼痛を引き起こす原因となる運動や練習を2~3週間休止します。

ただし、スポーツ活動時に痛みを感じなくても、脛骨粗面部に膨隆や圧痛があり、練習後に違和感を感じる場合は、医療機関を受診して診察を受けましょう。

オスグッドに早く気づくためには、日頃から脛骨粗面の圧痛などの症状の変化に気をつける必要があります。
大腿四頭筋の柔軟性の低下を調べるためには、うつ伏せで踵が臀部に着くように膝を曲げ、腰が浮き上がるかをチェックしてみましょう。

膝を曲げていくにつれて腰が浮き上がる場合は、大腿四頭筋の柔軟性が低下している可能性があります(尻上がり現象)。
尻上がり現象が見られる場合は、踵と臀部との距離を手の指の本数で測っておくと(指何本分あるか)、柔軟性の変化を確認する際に役立ちます。

おわりに:症状や痛みの程度に合った対処法を行いましょう

オスグッドになると、膝蓋骨下方に位置する脛骨粗面に疼痛、強い圧痛、局所の熱感、腫脹、骨性の隆起などの症状が起こるとされており、痛みの程度に応じた対処法を行います。
早期発見をするために、日頃から脛骨粗面の圧痛などの症状の変化に気をつけましょう。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

痛み(148) 症状(559) 特徴(49) 対処法(192) オスグッド(4)