血管年齢は若返るの? 若返らせる方法は?

2018/8/29

山本 康博 先生

記事監修医師

東京大学医学部卒 呼吸器内科医

山本 康博 先生

医療機関などで測定できる「血管年齢」ですが、測定したら実年齢よりも10歳も高かった・・・なんてショッキングな結果になることも少なくありません。この血管年齢を若返らせる方法はないのでしょうか?

血管年齢は若返るの?

血管年齢とは、実年齢とは別の、血管のしなやかさ・硬さを基準とした血管自体の年齢のことです。加齢だけでなく、乱れた食生活や運動不足、ストレスなどの要因によって、血管内にプラークができたり、血管が硬くなったりして(動脈硬化の状態)、血管年齢は徐々に老化していきます。

加齢による血管年齢の老化はある程度は仕方のないことですが、しかし一度老化した血管も、食事や運動量などの生活習慣の改善で若返ることがわかっています。

血管年齢を若返らせる方法とは?

下記に該当する項目が多ければ多いほど、生活習慣の改善によって血管年齢の若返りが見込めます。チェックの上、対策を実践していきましょう。

  • いつも食事を満腹になるまで食べる
  • 揚げ物や脂っこいものを好んでよく食べる
  • スナック菓子をよく食べる
  • ほぼ毎日飲酒する
  • 運動はほとんどしない
  • 若い頃と比べ、体重が増えている
  • 喫煙習慣がある
  • 睡眠が不足しがち
  • ストレスが多い

食生活の改善

血管の内膜には、血液をサラサラに保ったり、有害物質を血管壁に侵入しにくくしたりする「内皮細胞」が存在するのですが、内皮細胞は食生活の改善によって機能が回復するため、血管年齢の若返りにもつながると考えられています。

この内皮細胞の新陳代謝を促進する青魚や、血管の動脈硬化を引き起こす活性酸素を除去する、抗酸化作用の高いトマトやカボチャなどの野菜類や大豆製品を積極的に摂取しましょう。また、血管のプラーク形成の原因となるコレステロールの吸収を抑える、食物繊維を豊富に含む食べ物もおすすめです。

そのほかには、食事の量を腹八分目に留める、塩分やコレステロールの過剰摂取を控える、といったことも大切です。

運動習慣をつける

血管年齢の若返りのために欠かせないのが、運動習慣です。ウォーキングや水泳などの有酸素運動をすると、体内で一酸化窒素の分泌量が増え、血管が拡張します。この一酸化窒素は血管をしなやかにし、動脈硬化を予防する効果があるとされる物質なのです。

また、ストレッチも血管年齢の若返り効果があるとされます。ストレッチで筋肉が伸びると、コラーゲンを生成する「線維芽細胞」が活性化し、柔軟性のあるコラーゲンがつくられることで、血管がしなやかになるといわれているのです。

禁煙する

タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させ、先述の一酸化窒素の分泌を抑制するといわれます。また、喫煙をすると体内で活性酸素が大量発生するため、血管の内皮細胞が損傷してしまいます。
喫煙習慣のある人は、なるべく早く禁煙を始めましょう。

十分に睡眠をとる

深い睡眠をとっているときに分泌される成長ホルモンは、血管の内皮細胞を修復し、一酸化窒素の分泌力を高める効果があるといわれています。睡眠が不足しがちな人は、睡眠にもしっかり時間を割くようにしましょう。

おわりに:生活習慣を改善して、血管年齢を若返らせよう

血管年齢の上昇の背景には、生活習慣の乱れが隠れていることも多いもの。脂っこいものをよく食べていたり、運動不足だったりする人は、ぜひこの機会に生活習慣の改善を始めましょう。血管年齢の測定値でも、嬉しい結果が見られるかもしれません。

関連記事

この記事に含まれるキーワード

タバコ(62) 食事(225) 運動(175) 改善(33) 血管年齢(12) 若返る(5)